Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

半世紀 飽きずに聴いている一枚

Horace Silver The Stylings Of Silver Blue Note BLP 1562
★★★★★
『The Stylings Of Silver』
Blue Note BLP 1562
1957年5月8日 録音
Art Farmer(ts) Hank Mobley(ts)
Horace Silver(p) Teddy Kotick(b) Louis Hayes(ds)


Side-1
1.
No Smokin'
2. The Back Beat
3. Soulville
Side-2
1. Home Cookin'
2. Metamorphosis
3. My One And Only Love

ホレス・シルヴァーとアート・ファーマー、テディ・コティックが28歳、モブレー26歳、
ルイス・ヘイズはなんと19歳11ヵ月。 みんな血気盛んな若造だったのです。
1957年、モダン・ジャズが もっともモダン・ジャズらしさを表現していた黄金のとき。
前年ジョー・スタフォードでヒットした名曲 「霧のロンドンブリッジ」 を江利チエミが
カバーしてヒットさせたのが57年。 日本での唯一ジャズらしい出来事でした。
このアルバムのオリジナル盤は、それから11年後の1968年に とっても安価で手に入れ、
毎日毎日 飽きもせずに聴いたものでした。

「No Smokin'」 のかっこよさ、「Metamorphosis」 のタイトルどおりのユニークさ、
「My One And Only Love」 でのモブレーの見事なソロ。 聴きどころが満載です。
数あるブルーノート盤のなかでも大人気の一枚。 拙ブログをお読みになっている方で
未聴の方はいないと思いますが、ジャズの神髄が味わえるマストな作品です。


The Stylings Of Silver / Horace Silver
 The Stylings Of Silver / Horace Silver

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:"
キタサン様

いつもコメントありがとうございます。

オリジナルのジャケットは、がっしりしていましたが
背の厚みがありませんでした。
過去形で言ってるってことは、手元にないからです。
かなり昔にヤフオクで売ってしまいました。
いまはそれを MD に録ったものを聴いています。
2013.03.08 18:01 | URL | #- [edit]
キタサン says... "タイトル"
こんばんは。

これジャケがすごく良いですよね。

それと なるほどカッコイイです(笑)。

改めて聞き直そうと探してみると…無い!

また売却していた私って…。

買い戻します。
2013.03.07 23:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する