Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

聴き継ぐべき傑作の一枚

Modern Jazz Quartet Concorde Prestige PRLP 7005
★★★★★
『Concorde』 The Modern Jazz Quartet
Prestige PRLP 7005 → Toshiba-EMI LPR-88006
1955年7月2日 録音
Milt Jackson(vib) John Lewis(p)
Percy Heath(b) Connie Kay(ds)


Side-1
1. Ralph's New Blues
2. All Of You
3. I'll Remember April
Side-2
1. Gershwin Medley
  Soon~For You, For Me, Forevermore
  Love Walked In~Our Love Is Here To Stay

2. Softley, As In A Morning Sunrise
3. Concorde

いまさらこのような大名盤をとりあげるのも気が引けるのですが、たまにジャズの気品を
味わいたいと思うことがあります。 そんなときには MJQ を聴くことにしています。
わたしはヴァイブラフォンの音色が とっても大好きです。 大好きの前に “とっても” を
重ねて付けるくらい好きなのです。 その理由のひとつは、ミルトの演奏しているときの
あの独特の表情と腕の振り方も影響しているのだと思います。

このレコードでは極端に遅いテンポではじまる 「All Of You」 がすばらしい。 テーマの
部分は “なぜこんなに遅いの?” と首を傾げるのですが、その後のアドリブのテンポの
対比で納得するのです。 つづく 「I’ll Remember April」 で急速調、また対比の妙です。
そしてベストトラックはやはり 「Softly, As In A Morning Sunrise」 に決定です。
この心地よさは何なんでしょう。 テーマからアドリブに移るブリッジ、ゾクゾクします。
よくパーカーのブリッジは天才的だと言われます。 ミルトもまさにそうです。
そしてアイデアの宝庫のようなソロ。 ジョン・ルイスもつられて饒舌なソロを披露します。
録音から 60年近くが経とうとしていますが、永遠に聴き継がれる傑作の一枚です。


Concorde / The Modern Jazz Quartet
Concorde / The Modern Jazz Quartet

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する