Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

あらためて聴きなおしたい作品

wynton kelly ! Vee Jay SR-3022
★★★★☆
『Wynton Kelly!』
Vee Jay SR-3022 → RVC RJL-6013
(1-3, 2-1)1961年7月20日 録音
(1-4, 2-3, 2-4)1961年7月21日 録音
Wynton Kelly(p)Paul Chambers(b)Jimmy Cobb(ds)

(1-1, 1-2, 2-2)1961年7月21日 録音
Wynton Kelly(p)Sam Jones(b)Jimmy Cobb(ds)

Side-1
1. Come Rain Or Come Shine
2. Make The Man Love Me
3. Autumn Leaves
4. Surrey With The Fringe On Top
Side-2
1. Joe's Avenue
2. Sassy
3. Love I've Found You
4. Gone With The Wind

軽く扱われがちですが、一家に一枚 必須のアルバムです。 スピーカーに向かって
じっくり聴くもよし。 コーヒーを飲み、本を読みながら 聴くとはなしに聴くのもいい。
まず どの曲も破綻というものがない。 計算されつくしていて、リラックス感がある。
二曲目の 「Make The Man Love Me」 など気品の良さがあふれていて、はまっています。
ベストトラックは 「Gone With The Wind」 でしょう。 ケリーの真摯なまでのソロの
繋がりを じっくり聴いてみてください。
まぁ このアルバムはスタンダードのオンパレードですから、聴きやすさは満点。
でも単に甘さに流されず、音楽を演じきっているケリーの凄さに脱帽です。


Wynton Kelly ! (2CD)
 Wynton Kelly ! (2CD)

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する