Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

リラックス感を味わう一枚

Joe Pas Joy Spring Blue Note LT-1103
★★★★☆
『Joy Spring』
Pacific Jazz → Blue Note LT-1103 → Pacific Jazz 7243 8 35222
1964年2月6日 Encore Theater, ロサンゼルスにてライブ録音
Joe Pass(g) Mike Wofford(p)
Jim Hughart(b) Colin Bailey(ds)


Side-1
1.
Joy Spring
2. Sometime Ago
3. The Night Has A Thousand Eyes
Side-2
1. Relaxin' At Camarillo
2.
There Is No Greater Love

ジョー・パスの作品では 『Virtuoso –Solo Guitar-』 を聴きつづけた時期がありました。
のちに #4 まで出て、それらも買ったのですが、出来は雲泥の差! 一作目だけが傑作。
こんなにムラのあるプレイヤーも めずらしい、と思ったものです。
で、きょうは彼の古い作品 『Joy Spring』 です。 パシフィックジャズがレコーディング
しておきながら、初出はブルーノートの LT シリーズ。 1981年のことでした。
日本のキングレコードでも出しましたが、本家のパシフィックでは LP は未発売。
ブルーノートに売却したというのは、どんな事情からなのか知りたいものです。
アンコール・シアターでのライブなので、全体にリラックス感があふれています。
冒頭の 「Joy Spring」 が始まると、こちらもライブを聴く期待感でいっぱいになります。
ベストトラックは 「There Is No Greater Love」。 テーマの部分は いまいちですが、
ソロに入った途端、わくわくさせられること間違いなしのプレイ。 ピアノも最高です。


Joy Spring(MP3) / Joe Pass
Joe Pass Joy Spring Pacific Jazz

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する