Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

しゃきっとしない巷の名盤

The Prestige All Stars All Night Long Prestige PRLP 7073
★★★☆
『All Night Long』
Prestige PRLP 7073 → Victor PJ-7
1956年12月28日 録音
Donald Byrd(tp) Hank Mobley(ts)
Jerome Richardson(fl,ts) Kenny Burrell(g)
Mal Waldron(p) Doug Watkins(b) Art Taylor(ds)
-The Prestige All Stars-


Side-1
1.
All Night Long
Side-2
1.
Boo-Lu
2. Flickers
3. Lil' Hankie

がやがやっとしたスタジオの雰囲気から始まるタイトル曲。 それぞれのソロが散漫で
やはりウォーミングアップとして聴くのがいいようです。
B面の 3曲は、モブレーとウォルドロンの作で、それなりのデキという感じです。
「Boo-Lu」 のオープニングのフルートがオリエンタルを感じさせるのが良くて、
しいてあげるならベストトラックです。

ところで CD にはボーナストラックとして、「Body And Soul」 と 「Tune Up」 を
収録したものがあって、聴く機会があったので ちょっと紹介。

「Body And Soul」 ではバレルのソロが絶品、バードも歌心にあふれたソロを披露。
途中のワトキンスのベースソロとモブレーが はっきりしなくていただけません。
こちらが影のベストトラックと いえるでしょう。


All Night Long
All Night Long

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:"
キタサン様

正しくは 「All Mornin' Long」 でした。

拙ブログで紹介しています。
http://jcalife.blog.fc2.com/blog-entry-491.html
2013.09.02 09:16 | URL | #- [edit]
ktdchon says... "Re:"
キタサン様

コメントありがとうございます。

「All Morning Long」「All Day Long」「All Night Long」三部作ですね。
お好きな本作を ちょっとけなしぎみに紹介したこと、お許しください。

きもち手抜きのソロがあったりしたものですから・・・

これからも、ご訪問よろしくお願いいたします。
2013.09.01 19:35 | URL | #- [edit]
キタサン says... "タイトル"
こんにちは。確かプレステッジの3部作の一つだったような気がします。
その中でも この作品が一番好きです。

ご紹介のようにくだけた感じが 雰囲気に合っています。

このようなアルバムを中々紹介する人はいません(笑)
やはりktdchonさんはジャズを愛する 通な人ですね。
2013.09.01 18:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する