Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

セカンドトリオの佳盤

Bill Evans Live Verve V6-8803
★★★★☆
『The Bill Evans Trio “Live”』
Verve V6-8803
1964年5月14日~19日 The Trident Club, Sausalito, カリフォルニアにてライブ録音
Bill Evans(p) Chuck Israels(b) Larry Bunker(ds)

Side-1
1. Nardis
2. Someday My Prince Will Come
3. Stella By Starlight
4. How My Heart Sings
Side-2
1. 'Round Midnight
2. What Kind Of Fool Am I?
3. The Boy Next Door
4. How Deep Is The Ocean

拍手のあと 「Nardis」 が始まると “わぁジャズクラブでエヴァンスを聴いている” と
じんわりとしてきます。 晩年の、あの激しい 「Nardis」 ではなく親しみが湧く同曲。
ラストトリオと決定的に異なる点、このセカンドトリオには得も言われぬ くつろぎが
あるのです。 個人的にエヴァンストリオの歴代ドラマーとしてはラリー・バンカーが
いちばん(髭の風貌も含めて)好きです。

曲は手慣れたものばかり。 逆に緊張感に欠けるからか、エヴァンスは発売を拒否した。
しかしよく聴いてみると、「Stella By Starlight」 などは甘さが極めて控えめで、
エヴァンスのソロは緊張感のかたまり、エンディングで やっとほぐれ “ホッ” 名演です。
余談ですが、6日間のクラブ出演で全日録音していたのですから、そうとうな曲数に
なったはず。 残りの音源を聴いてみたくなるのがファン心理。 半世紀近く経ってるので
出てはこないでしょうね。
-----------------------------------
Piano さんから ご教示いただきました。 勉強不足でした。
このときの残り曲?(またはトラック) は例の、ケースが錆びるということで悪名高い
18枚組 CD ボックスセットに収録されていました。 *がアナログ盤収録曲です。

『The Complete Bill Evans On Verve』 Verve 314 527 953-2
01. How Deep Is The Ocean ? 6:00 *
02. Love Is Here To Stay 5:06
03. Baubles, Bangles, And Beads 5:34
04. Vamp("Peace Piece"), Spoken Introduction 1:32
05. Nardis 5:38 *
05. Time Remenbered 5:52
06. Someday My Prince Will Come 6:31 *
07. What Is The Thing Called Love 4:50
08. Stella By Starlight 6:20 *
09. 'Round Midnight 6:08 *
10. Make Someone Happy 7:14
11. Spoken Introduction And Warmup 1:24
12. The Boy Next Door 5:51 *
13. Little Lulu 4:06
14. My Love Is A April Song 5:30
15. What Kind Of Fool Am I ? 8:31 *
16. What Is The Thing Called Love 4:54
17. The Touch Of Your Lips 6:23
18. Spoken Introduction And Warmup 0:58
19. The Boy Next Door 4:43
20. Time Remenbered 5:36
21. Stella By Starlight 6:22
22. Deed I Do 6:31
23. Baubles, Bangles, And Beads 3:36
24. What Kind Of Fool Am I ? 5:33
25. Spoken Introduction And Warmup 1:09
26. Come Rain And Come Shine 5:35
27. How My Heart Sings 5:14 *
   ※実際の演奏時間は 4:45 ぐらい。 ただし冒頭、音ダブリの編集ミスを犯している!
28. Alone Together 5:56
29. Israel 4:54
30. Spoken Introduction And Warmup 0:47
31. Alone Together 6:13
32. Make Someone Happy 6:54
33. My Love Is A April Song 5:15
34. Deed I Do 6:18
35. Love Is Here To Stay 4:33
36. California, Here I Come 4:02
37. Warmup("The Things Called Changes") 1:10
38. What Kind Of Fool Am I ? 6:15
39. What Is The Thing Called Love 4:50
40. Alone Together 5:38
41. California, Here I Come 4:29


The Bill Evans Trio “Live”
The Bill Evans Trio “Live”

The Complete Bill Evans On Verve
The Complete Bill Evans On Verve

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:"
Pianotriomanzai 様

そうですか、45回転は やはり音がいい、衝撃の音質ですか。
22枚組は見たこともありません。うらやましい。

では、またのご訪問を お待ちいたしております。
2013.10.17 12:00 | URL | #- [edit]
Pianotriomanzai says... "45回転盤"
最近はもっぱら1年ほど前に手に入れた45回転盤のComplete Riverside Recording of Bill Evans(22枚組)を聞いています。高い買い物でしたが、SHM-CDで聞いたとき以来の衝撃で音の素晴らしさに驚愕しています。では、しばらく失礼して又お邪魔します。
2013.10.17 11:54 | URL | #KnGHqDjw [edit]
ktdchon says... "Re:"
Piano 様

コメントありがとうございます。

たしかに Riverside のボックスはレコーディング順の “記録” です。
ただ、テイク違いとは別の未発表トラックは、ほんとうに少ない。
ほとんどないのか、発見できていないのか。

わたしは LP ごとの曲順に並べなおして “作品” として聴いています。
2013.10.16 14:30 | URL | #- [edit]
Pianotriomanzai says... "Complete Riverside Recordings of Bill Evans"
無論、Riverside時代の諸作は素晴らしいものです。私が申し上げたかったのは、RiversideとFantasyのボックスセットは未発表トラックの多さ、コンプリートさにおいてVerveのそれと比べると劣るという意味です。私もRiversideのオリジナル盤をむやみにかけたくないが故に再発LPやCDを何度も買わされています。
2013.10.16 14:18 | URL | #KnGHqDjw [edit]
ktdchon says... "Re: Complete Verve Recordings of Bill Evans"
Piano 様

コメントありがとうございます。

そうなんですね。例のあのボックスセットに入っていたんですね。
ケースのことしか話題にならないから盲点になっているのですか。

Riverside ボックスは、残念ながら、よく聴いています。
レコード保護の意味もあって…

また、ご訪問ください。
2013.10.12 19:03 | URL | #- [edit]
Piano says... "Complete Verve Recordings of Bill Evans"
こんにちは

標記のボックスセットで、この日の未発表録音が相当数のトラックで出ています。このボックスセットはすぐ錆びる鉄製の箱が極めて不評でしたが、中身は違います。私見ですが、エヴァンスのボックスセットでは最も貴重なものと思います。ちなみにRiversideとFantasyのボックスセットは最低でした。
2013.10.12 18:37 | URL | #KnGHqDjw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する