Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ペッパー後期の佳作

Art Pepper Among Friends Interplay Records IP-7718
★★★★
『Among Friends』
Interplay Records IP-7718
1978年9月2日 録音
Art Pepper(as) Russ Freeman(p)
Bob Magnusson(b) Frank Butler(ds)


Side-1
1. Among Friends
2.
'Round About Midnight
3. I'm Getting Sentimental Over You
4.
Blue Bossa
Side-2
1. What Is This Thing Called Love
2. What's New
3. Besame Mucho
4. I'll Remember April


SSJ の三具保夫氏のページ に、このレコーディングが企画された経緯が くわしく
紹介されています。 ペッパーも奥さんのローリーも苦労していたんだなぁと思います。
いわゆるペッパー後期の代表作で、前期しか聴かない わたしも お気に入りの一枚。
ただし、あの艶のあるアルトの音色は いっさいせず、楽器が ちがうのではないかと
感じるほど魅力がありません。

しかし、そこは天才ペッパーのこと、アドリブのアイデアは澱みなく溢れてきます。
「'Round About Midnight」 や 「Blue Bossa」 が すばらしく、ペッパーらしい演奏。
ベストトラックは 「What's New」 で、往年のベストプレイに迫っています。
ローリー夫人のリクエスト 「Besame Mucho」 は、ちょっとベタつき過ぎかな。
ペッパーは この録音から 3年9ヵ月半後に脳溢血で 56歳の若さで亡くなりました。


Among Friends / Art Pepper
Among Friends / Art Pepper

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する