Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

木住野さん自身が思い入れ深い一枚

Yoshiko Kishino Praha GRP UCGJ-7002
★★★★★
『Praha』
GRP UCGJ-7002
2003年11月16日~18日 プラハにて録音
Yoshiko Kishino(p) George Mraz(b) Pavel Zboril(ds)
Strings Section, String Quartet


01. Forest Rain
02. Moldau No Kaze
03. Kagerou
04. Oasis
05. Ashioto
06. Just Before The Light
07. Oyasumi
08. Blue In Green
09. Some Other Time
10. Etude Op.10-3
11. Going Home

この作品は、いわゆるジャズではない。 すばらしい音楽芸術、木住野ワールドそのもの。
デビュー作の 『fairy tale』 をジャズ作品として感動して聴いたのですが、こちらは
純粋なミュージックとして、心が揺さぶられ、感動しています。
聴くまえはストリングス入りというだけで “えっ” と思いがちですが、このサウンドが
重要で、なくてはならない軽やかさと深みを表現しているのです。

ベースのジョージ・ムラーツが木住野さんに寄り添うようにして、終始 渋いプレイを
くりひろげています。 わたしは、この人の演奏が むかしから好きでした。

曲は 「Moldau No Kaze」 のように重厚な曲想のものがあったり、「Oasis」 のように
ちょっとウキウキするものがある というふうにバラエティに富んでいます。
だけど全体の流れは自然で、木住野さんという人物の魅力が堪能できるのです。

さてベストトラックですが、いやぁ選べないなぁ。 と言いつつ 「Forest Rain」 だな。
トリオとストリングスが緻密に からみあい、まさに “森の雨” の中にいる気分です。
木住野さんのアレンジが見事です。


プラハ / 木住野佳子
プラハ / 木住野佳子

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する