Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

オリバーの才能あふれる一枚

Oliver Nelson The Blues And The Abstract Truth Impulse! A-5
★★★★★
『The Blues And The Abstract Truth』
Impulse! A-5 → Victor VIM-4646
1961年2月23日 録音
Freddie Hubbard(tp/except 2-3) Oliver Nelson(as,ts,arr)
Eric Dolphy(fl,as) George Barrow(brs/except 2-3)
Bill Evans(p) Paul Chambers(b) Roy Haynes(ds)


Side-1
1.
Stolen Moments
2. Hoe Down
3.
Cascades
Side-2
1. Yearnin'
2. Butch And Butch
3.
Teenie's Blues

いちばん注目すべき曲は 「Teenie's Blues」 でしょう。
この曲調にフィットしているのはドルフィーひとり。 ドルフィーとしては本性の半分も
出していない演奏でしょう。 曲を書いた本人、オリバー・ネルソンもエヴァンスも
真似事のみ 。一流ミュージシャンだから、聞ける水準には達しているけれど…
チェンバースに至っては悩んでソロをとっています。

わたしが純粋にジャズの曲として楽しんで聴くのは名曲 「Cascades」 です。
ハバードの胸のすくようなソロ。 なんど聴いても飽きず、つづくエヴァンスのソロも
いいなぁと感じます。 いわゆる正統派モダンジャズ!

そしてベストトラックは 「Stolen Moments」。 ちょっと整理し過ぎかな、と思う
アレンジですが、引き込まれてしまう名曲なのです。 ちょっとほかの人には書けない
オリバー・ネルソンならではの独特の曲想。 すばらしい、の一語です。


The Blues And The Abstract Truth(MP3) / Oliver Nelson
Oliver Nelson The Blues And The Abstract Truth Impulse! A-5

The Blues And The Abstract Truth(CD) / Oliver Nelson
The Blues And The Abstract Truth(CD) / Oliver Nelson

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:"
tempo 様

コメントありがとうございます。

ルディ・ヴァン・ゲルダーの録音は素晴らしいのですが、
彼はプレスティッジやブルーノートの録音もしていますが、
すべて音のイメージが違う、というのがすごいです。
さすがは音のプロです。
Impulse! をもう少し漁ってみようと思います。
2013.11.17 11:54 | URL | #- [edit]
tempo says... "The Blues And The Abstract Truth"
こんにちは、Impulseのアルバムは録音が良いものが多いように思いますが、それらの中でも最上位に来るくらい臨場感があって素晴らしい音がしていると思います、この組み合わせのアルバムが他に思い浮かびませんが 「Stolen Moments」を聴いているともう少しいろいろ聴きたくなります。
2013.11.17 08:24 | URL | #LkZag.iM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する