Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

60年が過ぎた歴史的録音

Charlie Parker Jazz At Massey Hall Debut DEB-124
★★★★★
『The Quintet - Jazz At Massey Hall』
Debut DEB-124 → Victor VIJ-5001M
1953年5月15日 Massey Hall, トロントにてライブ録音
Dizzy Gillespie(tp) Charlie Parker(as)
Bud Powell(p) Charlie Mingus(b) Max Roach(ds)


Side-1
1.
Perdido
2. Salt Peanuts
3.
All The Things You Are
Side-2
1. Wee
2. Hot House
3.
A Night In Tunisia

38年前、1976年にビクターから国内盤が発売されたときは小躍りしたものです。
この歴史的音源をやっと聴くことができる。 そして入手してから油井正一氏の中身の
濃い、興味深い解説を貪り読んだことを憶えています。
演奏は いずれもすばらしく、だけど音質が もう少し良ければなぁ、と思ったものです。
ベストトラックの 「Wee」 ではプラスチックアルトのパッセージが速すぎて、当時の
録音技術ではすべったような音の捕え方しかできていません。 残念なことです。

「Perdido」 「Wee」 「A Night In Tunisia」 が好きで、聴きほれていました。
解説にもあるように、チャーリー・ミンガスはレコードを売るために、拍手や声援を
あとからダビングしたり、「All The Things You Are」 は後日の録音でピアノニストが
ビリー・テイラーというように、手を入れたアルバムなのですね。

まぁいずれにせよ、この五人の唯一の白熱のセッションを こころから楽しんでみるのは
ジャズファンにとって大きな喜びであり、すばらしく佳い趣味だと思います。

OJC Remasters だから音質が少しは良くなっているかも。

The Quintet - Jazz At Massey Hall
 The Quintet - Jazz At Massey Hall

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する