Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

気品が身上の一枚

John Lewis Improvised Meditations Excursions Atlantic SD-1313
★★★★★
『Improvised Meditations & Excursions』
Atlantic SD-1313
1959年5月7日、8日 録音
John Lewis(p) George Duvivier(b/1-1~3,2-3)
Percy Heath(b/1-4,2-1,2-2) Connie Kay(ds)


Side-1
1. Now's The Time
2. Smoke Gets In Your Eyes
3.
Delaunay's Dilemma
4. Love Me
Side-2
1.
Yesterdays
2. How Long Has This Been Going On
3. September Song

ジョン・ルイスには得も言われぬ一種独特の魅力があり、いちど嵌ると抜けられない。
彼の作品では 『The John Lewis Piano』 より聴きやすいのが本作。
スタンダードが多いのですが、聴くとインテリになったような気分にさせてくれます。
つまりカクテル・ピアノにならず、彼本来の高貴な品位を表現しているのです。
あの 「Now's The Time」 でさえ、気品に満ち溢れているから不思議です。

ベストトラックはルイス作の名曲 「Delaunay's Dilemma」。 MJQ 盤もいいですが、
トリオ盤は彼のピアノがたっぷり楽しめて、虜になってしまいます。
そしてジェローム・カーン畢生の名作 「Yesterdays」 も聴きごたえがあって名演です。

ルイスのレコードは、LP で持っていることが品の良いジャズファンの証しです。
前述の 『The John Lewis Piano』 を筆頭に 『Grand Encounter: 2°East - 3°West』、
『Afternoon In Paris』 など優雅な作品が聴けるのが歓びです。


Improvised Meditations & Excursions / John Lewis
Improvised Meditations & Excursions / John Lewis

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する