Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

歌姫モニカとエヴァンスの競演、傑作

Monica Zetterlund Bill Evans Waltz For Debby
★★★★★
『Waltz For Debby』
Philips P 08222 L → Nippon Phonogram DMJ 5001
1964年8月29日 ストックホルムにて録音
Monica Zetterlund(vo) Bill Evans(p)
Chuck Israels(b/except 2-5) Larry Bunker(ds/except 2-5)


Side-1
1. Come Rain Or Come Shine
2. Jag Vet En Dejlig Rosa(Beautiful Rose)
3.
Once Upon A Summertime
4. So Long Big Time
5.
Monicas Vals(Waltz For Debby)
Side-2
1.
Lucky To Be Me
2. Vindarna Sucka(Sorrow Wind)
3. It Could Happen To You
4. Some Other Time
5.
Om Natten(In The Night)

きょうは、ど定番の名盤です。 スウェーデンの名花、モニカ・ゼタールンドがビル・
エヴァンス・トリオをバックに歌った 『Waltz For Debby』。
最近フィリップスのオリジナル(モノ盤)がヤフオクで 186,500円で落札されました。
驚きの高値です。 ここまで出します? う~ん、唸るしかないですね。

もちろんのこと内容は抜群の出来で、なにをおいても必聴の作品の一枚です。
モニカは、ほんとうにうまい! 歌唱力などという次元を超えた歌声と天性のセンス。

エヴァンスらしくないピアノの前奏が聴ける 「Once Upon A Summertime」 もいいし、
「Lucky To Be Me」 もいい。 どちらも、しっとりした名演です。
しかしベストトラックは、なんといっても 「Monicas Vals(Waltz For Debby)」。
スウェーデン語で歌う、味わい深い歌唱に包まれる幸せを感じてください。
ラストの 「Om Natten(In The Night)」 は 2分たらずの短い曲ですが、深遠で
心の奥底に浸み込んでくる、すばらしい名演だと思います。

この作品には、こんなジャケットの CD もあります。
なんでモニカがエヴァンスの前髪を押さえているのかな? 不思議。

Monica Zetterlund Bill Evans Waltz For Debby Philips 510 268-2

Waltz For Debby+6 / Monica Zetterlund Bill Evans
Waltz For Debby+6 / Monica Zetterlund Bill Evans

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する