Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

大バッハとグレン・グールド

326年前のきょう3月21日に、“音楽の父” ヨハン・セバスティアン・バッハ
(Johann Sebastian Bach・丑年)が生まれています。


Bach The Partitasa Glenn Gould

カナダ生まれの鬼才、グレン・グールド(Glenn Gould・申年)がレコードに残した
6曲の 『パルティータ』(BWV825~BWV830)が大好きで、よく聴いています。
グールドには有名な2枚の 『ゴルトベルク変奏曲』(BWV988)や愛すべき
『2声のインヴェンションと3声のシンフォニア』(BWV772〜801)がありますが、
やはりなんといっても 『パルティータ』 が極上の価値を持つ傑作、でしょう。
わたしはピアノを弾くことができないので(わたしの二人の娘は平均律一番を
弾きかじりましたが)演奏法についてはよくわかりませんが、グールドの音には、
すごく惹かれるものがあるのです。 それが文章では表現できない、つまり魅力
ということになるのでしょう。
ぜひとも多くの方々に聴いていただきたい作品です。


Glenn Gould Plays Bach 6 Partitas
 Glenn Gould Plays Bach 6 Partitas

Bach Goldberg Variations(1955)/ Glenn Gould
Bach Goldberg Variations(1955)/ Glenn Gould

Glenn Gould
Bach Two & Three Part Inventions & Sinfonias
Glenn Gould<br>Bach Two & Three Part Inventions & Sinfonias

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/62-1c8b2a6f