Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ブルース・フィーリングの神髄

Ray Bryant Alone At Montreux Atlantic SD 1626
★★★★★
『Ray Bryant Alone At Montreux』
Atlantic SD 1626 → Warner Pioneer P-8309A
1972年6月23日 スイス モントルー・ジャズ・フェスティバルにて録音
Ray Bryant(p)

Side-1
1.
Gotta Travel On
2. a. Blues #3 b. Willow Weep For Me
3. Cubano Chant
4. Rockin' Chair
5. After Hours
Side-2
1. Slow Freight
2. Greensleeves
3. Little Susie
4. Until It's Time For You To Go
5. Blues #2
6. Liebestraum Boogie

わたしはブライアントの
『Little Susie』 が大好きで、なかでも 「So In Love」
傑作、名演だと思っています。
そんな彼が1972年のモントルー・ジャズ・フェスティバルで、オスカー・ピーターソン
の代役で出演した記録が本作。 これがピアノ・ソロの傑作盤に なったのです。

全篇ブルース・フィーリングに溢れ、聴いている我々も自然に体が揺れ、足でリズム
を刻む、ジャズ本来の神髄が たっぷりの一枚なのです。 発売されたときも注目を
集め、話題になったものです。

全曲聴きごたえがありますが、わたしがとくに好んで聴くのはブライアントが作曲した
「Cubano Chant」 や 「Little Susie」 で、愛着が湧きます。 リスト作曲の「愛の夢」を
「Liebestraum Boogie」 に変貌させる技は、ブライアントならでは。
当日の残りの曲 「Broadway」 「It’s Too Late」 も聴いてみたいものです。


Ray Bryant Alone At Montreux
Ray Bryant Alone At Montreux

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する