Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

マッコイとの めずらしい競演

Grant Green Matador Blue Note King GXF-3053
★★★★☆
『Matador』
Blue Note → King GXF-3053
1964年5月20日 録音
Grant Green(g) McCoy Tyner(p)
Bob Cranshaw(b) Elvin Jones(ds)


Side-1
1.
Matador
2. My Favorite Things
Side-2
1. Green Jeans
2. Bedouin

CD Bonus track(1964年7月12日 録音)
5.
Wives And Lovers

コルトレーンが傑作 『My Favorite Things』 をアトランティックに録音してから 4年、
アルフレッド・ライオンはグリーンに同曲を録音する話をもちかけた。 さらに大胆にも
マッコイとエルヴィンを脇に回して! だが他の曲との釣り合いが取れず発売は保留。
マッコイがトレーンと共演したときは弱冠 21歳! 本作のときは 25歳。 あきらかに
トレーンとの共演が力量として上回っています。 三歳年上のグリーンをなめたか?

それでも、やはりベストトラックは 「My Favorite Things」 です。 グリーンがんばって
います。 カルテットだから力量不足なら持ちません。 立派にプレイしきっています。
そのつぎはタイトル曲の自作 「Matador」 でしょう。 もう一曲の自作 「Green Jeans」
よりも作曲に熱が入っています。 しかし ここで気になるのがエルヴィンの叩き方です。
「My Favorite Things」 も 「Green Jeans」 も同じパターンでプレイしているのです。

あと CD に追加されたバカラック作の 「Wives And Lovers」 が愛らしいメロディで
楽しい曲になっています。 映画のために書かれたのですが不採用になったようです。
ナンシー・ウィルソンやディオンヌ・ワーウィックが歌っています。 いい曲です。


Matador / Grant Green
Matador / Grant Green

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する