Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

黒澤明 渾身の名演出

“福島第一 3号機 制御室に照明- 3月22日-”
すこしずつですが、光が見えてきました。


今回は、東日本大震災の被災者の方々には申しわけありませんが、
映画のことを書きたいと思います。

………………………………………………………………………………………
日本映画を代表する、いや世界のクロサワこと黒澤明監督(戌年)が生まれたのは、
いまから 101年前のきょう、3月23日のことです。
わたしのブログでは、 黒澤明の映画作法を読む で三冊の本を紹介していますので、
ぜひごらんになってください。


黒澤明・用心棒

彼の作品で二番目に好きな 「用心棒」。 桑畑三十郎が大活躍する、当時としては
画期的な時代劇です。 というのは東映が製作していた時代劇などとは 一線を画する
脚本(菊島隆三、黒澤明)と演出(黒澤明)。 もちろんセット(村木与四郎)の
すばらしさ。 音楽(佐藤勝)の効果的な使い方。 見事な映像美(宮川一夫)。
キャストもまた演技派ぞろいで、観ていてゾクゾクする傑作です。
クロサワ51歳(公開時)というエネルギッシュな年齢だからこそのパワーと、
1961年という良き時代が造った この映画、もう二度と生まれることはないでしょう。




↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/66-8d658fc5