Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

またまた、Kind Of Blue です

Miles Davis Kind Of Blue K2HD
★★★★★
『Kind Of Blue』
Columbia CS 8163 → Sony Music 88697883272
(1~3)1959年3月2日 (4~6)1959年4月22日 録音
Miles Davis(tp) Julian “Cannonball” Adderley(as/except 3) 
John Coltrane(ts) Bill Evans(p/except 2)
Wynton Kelly(p/2) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)


1. So What 9:22
2. Freddie Freeloader 9:46
3.
Blue In Green 5:37
4. All Blues
5. Flamenco Sketches
6. Flamenco Sketches(alternate take)

買ってしまいました。 2011年に発売された K2HD の 『Kind Of Blue』 です。
ネット上では記事やブログ投稿が ほとんどありませんが、たしかに高音質だと言えます。
顕著に現れる部分は、ベースとシンバル。 となるとドンシャリのように思われますが
そうではありません。 レンジが伸びたと言えるのかもしれません。
そして聴きすすむうちに感じることは、楽器の音に艶がある、ということです。
エヴァンスのピアノの音、アダレイのアルトの音。 しっとりしていてシルクの手触り。

ただソニー国内盤の初盤、1983年に発売された 35DP 62 やセカンドの 32DP 513
K2HD 盤に迫る音質だと思います。 なにしろ SACD なども入れて国内盤だけでも
20 種類ほどの CD が発売されているのですから、すべて聴くことはできません。
いいかげん このへんで手を打たねば、と思いつつコレクションを増やしてしまう。
高音質フリークの どうしようもない “性” なのですね。


Kind Of Blue / Miles Davis(K2HD)
Kind Of Blue / Miles Davis(K2HD)

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する