Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

戻ってきたバップ

Hank Jones Bop Redux Muse MR 5123
★★★★☆
『'Bop Redux』
Muse MR 5123
1977年1月18日、19日 録音
Hank Jones(p)
George Duvivier(b/except 2-4) Ben Riley(ds/except 2-4)


Side-1
1. Yardbird Suite
2. Confirmation
3. Ruby, My Dear
4. Relaxin' With Lee
Side-2
1. Bloomdido
2. 'Round Midnight
3. Moose The Mooche
4. Monk's Mood

1970年代、人気を博した Great Jazz Trio とは対極にある、裏人気盤というか通好みの
一枚だと思います。 とはいえ、その違いの大部分はドラムスの トニー・ウィリアムスと
ベースのロン・カーターやバスター・ウィリアムズ、とくに トニーの煽りのドラミングに
よるところが大きかったのです。
そして録音状態も大きく影響しています。 ’70年代後半はウッドベースもエレキベースに
聞こえるような録り方が主流になっていました。 ところが Muse の本作は、その時代の
まっただなかにあって 1960年代と聞き違えるような録音になっています。
事実、本作録音の約 8ヵ月前には GJT として East Wind で 『Love For Sale』 を録り、
ちょうど 1ヵ月後に同じレーベルに 『At The Village Vanguard』 を録音しています。
まるで時代錯誤のような感覚になるのです。
一時期、グレート・ジャズ・トリオに はまっていたことがあって、その後この作品を
聴いたとき、あまりの落差に放り出してしまった記憶があります。 それが間違いの元。

「Confirmation」 や 「Ruby, My Dear」 「'Round Midnight」 をじっくり聴く。
パーカーやモンクの作品を慈しみましょう。 レンジが狭くステレオ感も すこし乏しい
録音ですが、良き友となる一枚だと思います。


'Bop Redux / Hank Jones
'Bop Redux / Hank Jones

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する