Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

テクニックに裏打ちされた名演

Laurindo Almeida Concierto De Aranjuez East Wind EW-8063
★★★★★
『Concierto De Aranjuez』
East Wind EW-8063
1978年3月27日、28日 録音
Laurindo Almeida(g)

Side-1
1. Concierto De Aranjuez
2. The Summer Knows
3. Star Dust
4. How Insensitive
Side-2
1. Songs From “Black Orpheus”
  Manhã Do Carnaval~Felicidade~Samba De Orfeu
2. Fly Me To The Moon
3. Cool Cat Keeps Coat On
4. Holiday For Strings
5. Gershwin Medley
  It Ain’t Necessarily So~I Got Rhythm~
  Summertime~Prelude N.2

ローリンド・アルメイダはスパニッシュ・ギターの演奏者としてグラミー賞を三度も
獲得しているので、本作のようなプログラミングは大の得意ジャンル。
「Star Dust」 や 「Holiday For Strings」 などを聴いていると そのテクニックの
すごさが並大抵じゃないことがわかります。 しかも これが 9歳のころからの独学だと
いうから おそるべき能力です。

ベストトラックというより全曲、お酒の お供に聴くのが最高の お愉しみだと思います。
LP は入手が困難だと思いますが、著名なカメラマン沢渡 朔氏の見事なジャケット
写真を眺めながら、聴くのも おつなものです。
ジョー・パスのソロアルバム 『Virtuoso -Solo Guitar-』 とは対極にある すばらしい
作品と言えるでしょう。

Concierto De Aranjuez / Laurindo Almeida
Concierto De Aranjuez / Laurindo Almeida

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する