Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

House Party / Jimmy Smith Blue Note 4002

Jimmy Smith House Party
★★★★☆
『House Party』
Blue Note BLP 4002→ King GXK-8227
(Side-2)1957年8月25日 (Side-1)1958年2月25日 録音
Lee Morgan(tp/except 1-2) Curtis Fuller(tb/Side-2)
Lou Donaldson(as/Side-1) George Coleman(as/Side-2)
Tina Brooks(ts/1-1) Jimmy Smith(org)
Eddie McFadden(g/1-2, 2-1) Kenny Burrell(g/1-1, 2-2)
Art Blakey(ds/1-1) Donald Bailey(ds/except 1-1)


Side-1
1. Au Privave
2. Lover Man
Side-2
1. Just Friends
2. Blues After All

CD Bonus track(1958年2月25日 録音)
Lee Morgan(tp) Lou Donaldson(as) Tina Brooks(ts)
Jimmy Smith(org) Kenny Burrell(g) Art Blakey(ds)


05. Confirmation

1957年8月25日 録音
Lee Morgan(tp) Curtis Fuller(tb) George Coleman(ts)
Jimmy Smith(org) Eddie McFadden(g) Donald Bailey(ds)


06. What Is This Thing Called Love(『Confirmation』 LT-992)

Lee Morgan(tp) Curtis Fuller(tb) George Coleman(ts)
Jimmy Smith(org) Kenny Burrell(g) Donald Bailey(ds)


07. Cherokee(『Confirmation』 LT-992)

Jimmy Smith(org) Kenny Burrell(g) Donald Bailey(ds)

08. Little Girl Blue(『On The Sunny Side』 LT-1092)

Lee Morgan(tp) Jimmy Smith(org)
Eddie McFadden(g) Donald Bailey(ds)


09. 'S Wonderful(『Special Guests』 BNJ-50101

Curtis Fuller(tb) Jimmy Smith(org) Donald Bailey(ds)

10. Blue Room(『Special Guests』 BNJ-50101)

いきなりですがベストトラックは 「Au Privave」 でしょう。 メンバーを見てください。
スミス、モーガン、ルードナ、ブルックス、バレル、ブレイキー。 そしてパーカーの
名曲でオープニング! こんな豪華なメンツは めったに お目にかかれません。
全員が のびのびとプレイしていてジャムセッションに ときたま見受けられる破綻が
まったく ありません。 そこが超一流のメンバーの すごさでもあります。

リー・モーガンは自己のアルバムよりはトーンもテクニックも控えめ。 そしてルードナは
いつもの艶っぽさ(とくに 「Lover Man」)を遺憾なく披露。 意外なのはテナーでしか
知らなかったジョージ・コールマンが よく歌っていること。
さらにバレルのプレイも光っているので主役のスミスの影が薄く感じられてしまいます。
まぁタイトルどおり “ハウスパーティー” をたっぷり楽しめる格好の一枚です。


House Party / Jimmy Smith
House Party / Jimmy Smith

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する