Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Miles Davis Volume 1 & 2 Blue Note 1501 1502

Miles Davis Volume 1 Blue Note BLP 1501
★★★★★
『Miles Davis Volume 1』
Blue Note BLP 1501 → King GXF-3011M
(1-5, 2-1~4, 2-6)1952年5月9日 録音
Miles Davis(tp) Jay Jay Johnson(tb) Jackie McLean(as)
Gil Coggins(p) Oscar Pettiford(b) Kenny Clarke(ds)

(1-1~4, 1-6, 2-5)1953年4月20日 録音
Miles Davis(tp) Jay Jay Johnson(tb) Jimmy Heath(ts)
Gil Coggins(p) Percy Heath(b) Art Blakey(ds)


Side-1
1. Tempus Fugit
2. Kelo
3. Enigma
4. Ray's Idea
5. How Deep Is The Ocean(Quartet)
6. C.T.A.(alternate take)
Side-2
1. Dear Old Stockholm
2. Chance It
3. Yesterdays(Quartet)
4. Donna(alternate take)
5. C.T.A.
6. Woody 'n’ You(alternate take)


Miles Davis Volume 2 Blue Note BLP 1502
★★★★★
『Miles Davis Volume 2』
Blue Note BLP 1502 → King GXF-3012M
(1-3, 1-6)1952年5月9日 録音
Miles Davis(tp) Jay Jay Johnson(tb) Jackie McLean(as)
Gil Coggins(p) Oscar Pettiford(b) Kenny Clarke(ds)

(1-4, 1-5, 2-4)1953年4月20日 録音
Miles Davis(tp) Jay Jay Johnson(tb) Jimmy Heath(ts)
Gil Coggins(p) Percy Heath(b) Art Blakey(ds)

(1-1, 1-2, 2-1~3, 2-5)1954年3月6日 録音
Miles Davis(tp) Horace Silver(p)
Percy Heath(b) Art Blakey(ds)


Side-1
1. Take Off
2. Weirdo (※Sid's Ahead
3. Woody 'n' You
4. I Waited For You(Quartet)
5. Ray's Idea(alternate take)
6. Donna
Side-2
1. Well, You Needn't
2. The Leap
3. Lazy Susan
4. Tempus Fugit(alternate take)
5. It Never Entered My Mind

1952年5月9日から1954年3月6日までの 3回のスタジオセッションを記録した
ジャズ史を語るうえで欠くことのできない、至宝ともいえる帝王マイルスの作品です。
なにをいまさらブログで紹介、とおっしゃることなかれ。 この二枚のアルバムはじっくり
聴かねばならない作品なのに、みなさん、あまり聴いていないのではないか・・・
という警鐘のつもりで、さらに BN 1500番台のトップを飾る作品なので敢えて紹介。

曲ごとにコメントする つもりはありません。 ただただ、ひたすら聴くのみです。
わたしが好きな曲は 「Yesterdays」 「How Deep Is The Ocean」 「The Leap」など。
だけど いちばん好きなのは、なんといっても 「Dear Old Stockholm」 で決まりです。
(入手が むずかしいでしょうが)アナログジャケットを ためつすがめつして聴く時間が
陳腐な表現ですが “至福のとき” です。


Miles Davis Volume 1
 Miles Davis Volume 1

Miles Davis Volume 2
 Miles Davis Volume 2

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する