Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

4 To Go ! / André Previn

Andre Previn 4 To Go! Columbia CS 8818
★★★★
『4 To Go !』
Columbia CS 8818 → CBS Sony 20AP 1435
1963年12月18日 録音
Herb Ellis(g) André Previn(p)
Ray Brown(b) Shelly Manne(ds)


Side-1
1. No Moon At All
2. Bye Bye Blackbird
3. Life Is A Ball (Herb Ellis)
4. It's Easy To Remember
5. You're Impossible
Side-2
1. Oh, What A Beautiful Mornin'
2. I Know You Oh So Well (Ray Brown)
3. Intersection (Shelly Manne)
4. Like Someone In Love
5. Don't Sing Along (André Previn)

やはりクラシック畑のプレヴィン、「No Moon At All」 のソロのスタイルが すこし硬い。
ので、つづくハーブ・エリスでリラックスしましょう。
プレヴィンの要望で集まったジャズ界のツワモノ三人。 それなりの出来にはなりましたが
聴くほうとしては もっと期待していたかもしれません。

スタンダードを どーんと並べて一丁上がり的なことは避けようと、メンバー全員が
一曲ずつオリジナルを提供しています。 その中で いちばん驚いたのはシェリー・マンが
作曲した 「Intersection」。 ドラマーらしく変拍子調の おもしろいリズムと魅力的な
メロディ。 この一曲がなければ、ぐ~んと評価が下がってしまうところでした。
(この曲、ほかのアルバムで聴いたこと あるかなぁ?)

あとのメンバーの提供曲は いずれもイマイチで、レイ・ブラウンのはメロディが
良いのに本人のベースで始まるアレンジが いただけない。
と なるので 「Like Someone In Love」 をはじめとするスタンダードをBGM 的に
おいしい珈琲を友に、読書でもしながら聴くとしましょう。


4 To Go ! & The Light Fantastic / André Previn

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する