Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Last Waltz / Bill Evans

Bill Evans The Last Waltz Milestone 8MCD 4430-2
★★★★★
『The Last Waltz』
The final recordings live at Keystone Korner September 1980

Milestone 8MCD-4430-2
(Disc-1)1980年8月31日 (Disc-2)9月1日 (Disc-3/1~6, 8)9月2日
(Disc-3/7, Disc-4)9月3日 (Disc-5)9月4日 (Disc-6/1~4, 8)9月5日
(Disc-6/5~7)9月6日 (Disc-7)9月7日 (Disc-8)9月8日
Keystone Korner, サンフランシスコにてライブ録音
Bill Evans(p) Marc Johnson(b) Joe LaBarbera(ds)

Disc-1
1. After You
2. Like Someone In Love
3. Polka Dots And Moonbeams
4. Emily
5. Turn Out The Stars
6. I Do It For Your Love
7. Nardis
8. But Beautiful
Disc-2
1. Yet Ne'er Broken
2. Knit For Mary F.
3. The Touch Of Your Lips
4. My Man's Gone Now
5. Turn Out The Stars
6. Your Story
7. Nardis
Disc-3
1. Peau Douce
2. Yet Ne'er Broken
3. My Foolish Heart
4. Up With The Lark
5. Turn Out The Stars
6. I Do It For Your Love
7. Nardis
8. Noelle's Theme / I Loves You, Porgy
Dusc-4
1. Yet Ne'er Broken
2. Spring Is Here
3. Who Can I Turn To(When Nobody Needs Me)
4. Letter To Evan
5. If You Could See Me Now
6. The Two Lonely People
7. A Sleepin' Bee
8. Haunted Heart
9. Five
Disc-5
1. Re: Person I Knew
2. Tiffany
3. Polka Dots And Moonbeams
4. Like Someone In Love
5. Your Story
6. Someday My Prince Will Come
7. Letter To Evan
8. My Romance
9. But Beautiful
Disc-6
1. Mornin' Glory
2. Emily
3. For Mary F.(Knit For Mary F.)
4. Days Of Wine And Roses
5. Up With The Lark
6. My Foolish Heart
7. Nardis
8. But Beautiful
Disc-7
1. My Foolish Heart
2. Nardis
3. Mother Of Earl
4. If You Could See Me Now
5. My Man's Gone Now
6. Who Can I Turn To(When Nobody Needs Me)
7. Waltz For Debby
8. Spring Is Here
9. Five
Disc-8
1. Letter To Evan
2. My Man's Gone Now
3. 34 Skidoo
4. Spring Is Here
5. Autumn Leaves
6. Knit For Mary F.
7. Nardis

エヴァンスのキーストン・コーナーでの演奏は 1980年8月31日の日曜から9月8日の
月曜まで、9日間。 最終日は亡くなる一週間前にあたります。
『Consecration – The Last Complete Collection』 と 『The Last Waltz – The Final
Recordings Live At Keystone Korner September 1980』 に分けられて発売されました。
前者は初出が Alfa でしたが Milestone から再発されるさいに 『Consecration – The
Final Recordings Part 2 Live At Keystone Korner September 1980』 とタイトルが
変更され、同じく Milestone の 『The Last Waltz』 に合わす かたちになりました。
つまりアメリカでは 『The Last Waltz』 が先に発売されていたのです。

このふたつの 8枚組ボックスセットの違いは なにか?
ネットで検索すると 『Consecration』 がセカンドセット つまり夜の演奏で、『The Last
Waltz』 がマチネー、つまり夕方からの演奏だ、というブロガーのコメントが
目立つのですが、はたして ほんとうにそうなのか?

日本では発売順序が逆なので、最初に聴いた 『Consecration』 の曜日ごとの演奏曲が
マンネリ的なのが、まず印象に残るのです。 しかも晩年、曲に思いがこもりすぎて
やたら演奏時間が長くなっていった 「Nardis」 が一曲も収録されていない!
深夜になろうという時間帯に、執着心に燃えていた 「Nardis」 を演奏しないはずがない。
それにひきかえ 『The Last Waltz』 では同曲が 6曲も収録されています。
さらに 『The Last Waltz』 は曜日ごとの選曲が工夫されていて、多彩で新鮮です。

いちばん不思議なのは 9月8日分の演奏は『The Last Waltz』 にしか収録がないこと。
この日のほかのセットは いったいどこにいってしまったのでしょうか?
そして、さいごの曲は 「Nardis」 です。
やはり 『The Last Waltz』 は夜のセットと考えるのが自然なようです。
でもジャズ評論家の N氏に言わせると日に 3ステージ、ということを おっしゃる。
1時間弱の演奏が日に 3回。 そうだとすればまだ60テイクは音源が残っていることに。
あぁ 悩ましい話ですね。

結論。 『Consecration』 だけ聴いていたわたし。 いま 『The Last Waltz』 をじっくり
聴きとおしてみてわかったこと。 やはり聴いてよかった。 死のまぎわに神が降りてきた
名演! “ラストワルツ” 文字どおりエヴァンスの “白鳥の歌”、必聴です。


The Last Waltz / Bill Evans
 The Last Waltz / Bill Evans

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する