Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

'Round Midnight / Claude Williamson

Claude Williamson Round Midnight Bethlehem BCP-69
★★★★
『'Round Midnight』
Bethlehem BCP 69 → Polydor MP 2369
1956年12月 録音
Claude Williamson(p) Red Mitchell(b) Mel Lewis(ds)

Side-1
1. Stella By Starlight
2. Somebody Loves Me
3. I'll Know
4. The Surrey With The Fringe On Top
5. Polka Dots And Moonbeams
6. Hippy
Side-2
1. Tea For Two
2. Stompin' At The Savoy
3. 'Round Midnight
4. Just One Of Those Things
5. Love Is Here To Stay
6. The Song Is You

わたしがジャズを聴き始めたころ(47年ぐらいまえ)、本作のオリジナル盤が あちこちの
廃盤を扱っているレコード店に在庫があって、めずらしくも なんともなかったのです。
売れる気配もなく置き去りにされていました。 それが ある時期を境に見当たらなくなり
とつぜんスイング・ジャーナル誌のゴールド・ディスクになり、必死になって廃盤を
探しまわったけれど見つからない、後の祭り状態です。

バド・シャンクとの共演盤は聴いていたけれど、トリオの作品は一枚も聴いていません。
あとで知ったことですが、彼は “白いパウエル” と言われていたそう。 たしかに本作の
「Tea For Two」 を聴くと、そのスピード感に唖然とさせられます。 どの曲だったか
唸り声を発している曲もあります。

アルバム全体としては、スタンダードの名曲を(シルバーの「Hippy」以外)ずらりと
並べ、ピアノトリオを聴く醍醐味を味わわせてくれるのですが、巷間いうところの名盤
とは、わたしには思えません。 なんだろう、アレンジの好みなのか、う~ん。
ちょっとインパクトがある きつめの BGM として聴き流すようにして楽しんでいます。


'Round Midnight / Claude Williamson

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:"
キタサン様

いつもコメントありがとうございます。

お褒めの言葉、恐縮です。
広く浅くの年季ですかね・・・
ジャケット特集、検討中です。
2015.06.27 11:34 | URL | #- [edit]
キタサン says... ""
ktdchonさん こんにちは。

>ちょっとインパクトがある きつめの BGM として聴き流すようにして楽しんでいます。

言い得て妙ですね~同意です。

文章でこのような表現をなさるのは流石です。

又 ジャケット特集もお願い致します(笑)
2015.06.27 09:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する