Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Stanley Cowell を久々に聴く

きょう 30数年ぶりに スタンリー・カウエル(Stanley Cowell・巳年)の 『Blues For The
Viet Cong』 を聴きました。 英ポリドールのオリジナル盤が発売されたときにすぐ購入し、
タイトル曲の いままでにないスタイルに感動したものです。
ところが これまた悪いクセでヤフオクに出してしまいました。 コピーもとらず。
最近、無性にまた聴きたくなってオークションを見ていましたが、そこそこ高値。
けっきょく Amazon の mp3 をダウンロード。 いやぁ、聴いてよかった。
やはり 60年代末という時代は新主流派というか、モードとかいろいろな表現が入り混じって
いたのですね。 1-4 などはスタンダードをブギウギ風に演奏していて、楽しいものです。
カウエル28歳の才気が全曲に ほとばしっている傑作だと思います。


Stanley Cowell Blues For The Viet Cong

『Blues For The Viet Cong』
Polydor 583740
1969年6月5日 録音
Stanley Cowell(p, el-p) Steve Novosel(b) Jimmy Hopps(ds)


Side-1
1. Departure
2. Sweet Song
3. The Shuttle
4. You Took Advantage Of Me
Side-2
1. Blues For The Viet Cong
2. Wedding March
3. Photon In A Paper World
4. Travellin' Man

Arista レーベルで再発売されたレコード

Stanley Cowell Blues For The Viet Cong 2

Black Lion レーベルでタイトルを変えて再発売されたレコード、CD
Stanley Cowell Travellin Man

Blues For The Viet Cong / Stanley Cowell
Blues For The Viet Cong / Stanley Cowell

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/70-2475555e