Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Bohemia After Dark featuring Kenny Clarke

Kenny Clarke Bohemia After Dark Savoy MG 12017
★★★★★
『Bohemia After Dark』
Savoy MG 12017
(others)1955年6月28日 (2-3)7月14日 録音
Nat Adderley(cor/except 1-3) Donald Byrd(tp/1-1, 1-2, 2-1, 2-2)
Cannonball Adderley(as/except 2-3)
Jerome Richardson(ts/1-1, 1-2, 2-2 fl/1-4)
Horace Silver(p/except 2-3) Hank Jones(p/2-3)
Paul Chambers(b) Kenny Clarke(ds)


Side-1
1. Bohemia After Dark
2. Chasm
3. Willow Weep For Me
4. Late Entry
Side-2
1. Hear Me Talkin' To Ya
2. With Apologies To Oscar
3. We'll Be Together Again

まさにジャズ、っていう代名詞の一枚。 タイトル曲の ちょっとエキゾチックなテーマが
飛び出してくると、もう心はワクワク ウキウキ。
「Willow Weep For Me」 のキャノンボールのアルト、いつ聴いても安定した力量で
しかもワンホーンで吹ききる。 聴いていて惚れ惚れしてしまいます。
これが初レコーディングとは思えないできばえ・・・
「Late Entry」 ではジェローム・リチャードソンのフルートが気分を変えて爽やか。
ラストの 「We'll Be Together Again」 は録音日が変わって、ハンク・ジョーンズの
ピアノトリオにナットだけのワンホーン。しっとり落ち着いたカール T. フィッシャー作の
バラード曲。 アルバムを締めくくるのに ふさわしい作品です。
が、レコード(ほかに三種類のジャケット)によっては曲順を入れ替えているので
紛らわしいこと この上ありません。

メインに揚げたヌード女性のジャケットを酷評する方が多いのですが、わたしは これが
傑作だと思っています。 ほかの三作とは かなりの差があります。


Kenny Clarke Cafe Bohemia Savoy MG 12017 Kenny Clarke Bohemia After Dark Featuring Cannonball Savoy MG 12017 Kenny Clarke Bohemia After Dark Featuring Julian Cannonball Adderly Savoy MG 12017

Bohemia After Dark / Kenny Clarke
Bohemia After Dark / Kenny Clarke

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する