Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Strictly Powell / Bud Powell

Bud Powell Strictly Powell RCA Victor LPM-1423
★★★★
『Strictly Powell』
RCA Victor LPM-1423 → NORMA NLP 2000
1956年10月5日 録音
Bud Powell(p) George Duvivier(b) Art Taylor(ds)

1. There'll Never Be Another You
2. Coscrane
3. Over The Rainbow
4. Blues For Bessie
5. Time Was
Side-2
1. Topsy Turvy
2. Lush Life
3. Elegy
4. They Didn't Believe Me
5. I Cover The Waterfront
6. Jump City

NORMA盤 追加曲
12. Lullaby To Believer

この作品は、やはりちょっと きびしいものがあります。 本作を録音した1956年といえば
ほかに Verveの 『Blues In The Closet』 しか残していません。
入退院を繰り返したあとだけに、よほど体調が良くなかったのでしょう。
しかし、そこはパウエル。 運指は落ちたとはいえ天性のブルース魂は健在で、気力で
弾ききっているのです。
ブルースではありませんが、オープニングの 「There'll Never Be Another You」 が
弾くのが楽しくてしかたがない、というふうでベストトラックです。

わたしとしては、同 じRCA レーベルの 『Swingin' With Bud』 とともにアナログ盤で
持っておきたい作品なのです。

Strictly Powell / Bud Powell

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する