Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Bill Evans Trio Live In Holland 1969

Bill Evans Live In Holland 1969
★★★★☆
『Bill Evans Trio Live In Holland 1969』
All Blues Records ABR-022
1969年3月26日 Vara-studio, Hilversum, オランダにてライブ録音
Bill Evans(p) Eddie Gomez(b) Marty Morell(ds)

01. You're Gonna Hear From Me
02. Emily
03. Stella By Starlight
04. Turn Out The Stars(Time Remembered と誤記)
05. Waltz For Debby
06. Round Midnight
07. Beautiful Love
08. My Funny Valentine
09. Quiet Now(One For Helen と誤記)
※ここで MC(つぎの Someday に被っているのでアフレコと思われる) による
  曲紹介が入るのですが、ちゃんと Quiet Now と言っています。
10. Someday My Prince Will Come

当日、演奏した残りの曲
11. I Let A Song Go Out Of My Heart(『Waltz For Debby 1969』、
   『Waltz In Hilversum』 に収録)
12. One For Helen(同上)
13. Love Theme From Spartacus(同上)
14. Mother Of Earl(収録 CD 不明)

2008年にリリースされたブートレグ。 兄弟ともいえる 『Waltz For Debby 1969』 は
2006年にリリースされています。 オランダでのスタジオライブの収録からの 10曲。
演奏は熱気にあふれた好演です。「Stella By Starlight」 では可憐なイメージを払拭し
飛ばしています。 いずれの曲でもそうなのですが、ゴメスのベースが張りきっていて、
録音の状態もあり、ぶんぶん唸っています。 このバランスに関して☆マイナスです。

演奏は平均的に すばらしいものばかりなので、とくにベストトラックは あげません。
それよりなにより、もういちど きちんと音質を上げるデジタルリマスターを施 して
14曲すべてを収めたアルバムを正式にリリースしてほしいものです。

ことし 1月に亡くなられたジャズ評論家の N氏は、“同日に ドルフ・ファン・ダー・
リンデン指揮メトロポール・シンフォニー・オーケストラと 「グラナドス」「パヴァーヌ」
の 2曲を録音した” と書かれていますが、実際には前日の 3月25日だったのです。

下の写真は左から、Jazz Traffic レーベルからリリースされた本作と同内容の 『Live In
Hilversum 1969』、Cool Jazz レーベルから出た8曲収録の 『Waltz For Debby 1969』と
Style レーベルからリリースの 『Waltz In Hilversum』。

Bill Evans Live In Hilyersum 1969 Bill Evans Waltz For Debby 1969 Bill Evans Waltz In Hilyersum

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re: 「One For Helen」"
cherubino 様

コメントありがとうございます。ご訪問とコメントは大歓迎です!

おなじ音源(一枚のCDに収まらない)をバラバラにして、いろんな
組み合わせで出すとこうなるのですね。
われわれは それに踊らされ惑わされ、手に入るのなら買ってしまう。
ブートにしても、もっと誠意ある整理をほどこしてリリースしてほしいものです。
もちろん音質の改善は言わずもがなですが・・・
2015.12.07 12:15 | URL | #- [edit]
cherubino says... "「One For Helen」"
ktdchonさま、こんにちは。たびたびおじゃまして申し訳ありません。上記、「One For Helen」(「Quiet Now」)の件、僕も自分のブログでは実物『Bill Evans Trio Live In Holland 1969』『Live In Hilversum 1969』を確かめもせず、そのまま信じておりました。ktdchonさんの記事を読んでやっと実物を聴き、誤りを修正することができました。ありがとうございます。あとその余波で、Cool Jazzの『Waltz For Debby 1969』『Beautiful Love 1969』両盤ともに収められている「My Funny Balentine」の若干の違いもわかりました。やはりクレジットを見ているだけでなく、ちゃんと聴かないといけないと、あらためて思いました。
2015.12.06 13:51 | URL | #/.OuxNPQ [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する