Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Yesterday I Heard The Rain / Bill Evans

Bill Evans Yesterday I Heard The Rain
★★★★
『Yesterday I Heard The Rain』
Bandstand BDCD 1535 → Bandstand TKCB-70816(Tokuma Japan)
1972年 カリフォルニアにてライブ録音
Bill Evans(p) Eddie Gómez(b) Marty Morell(ds)

1. Up With The Lark
2. What Are You Doing The Rest Of Your Life?
3. My Romance
4. Emily
5. Yesterday I Heard The Rain
6. Who Can I Turn To?
7. Some Other Time
8. Autumn Leaves
9. Someday My Prince Will Come

録音日も録音場所もわからない謎の作品です。 しかもエヴァンスの手になる曲が一曲も
ない! さらに初レコーディングが二曲あるのです。タイトル曲の 「Yesterday I Heard
The Rain」 と 「Up With The Lark」 がそれ。 この二曲は翌年 1月の東京公演で演奏
したので、本作では練習のつもりで取りあげたのでしょう。

録音状態はというと、前半四曲(悪い)と五曲目から(良い)とでは音質が雲泥の差。
良い方の五曲はステージや会場の拡がりまで感じられる音質で、まるで場所も収録日も
ちがうといっても おかしくはありません。 いったいなにが あったのでしょう?

まぁ録音の良しあしは ともかく、演奏はライブならではのエヴァンスの高調子は健在。
曲によって緩急のバランスが巧みで、「Yesterday I Heard The Rain」 や 「Some Other
Time」 のようにしっとり聴かせる曲。 アップテンポでぐいぐい攻めていく 「Who Can I
Turn To?」 「Someday My Prince Will Come」 が好対照です。
とくに 「Someday My Prince…」は、いままでこんな押しまくりのプレイは聴いたことが
ありません。 聴衆も最初のワンフレーズが出たところで、やんやの喝采です。

この CDでいけないのは 「Emily」 でのゴメス、覇気がなくて最低です。 逆に良いのは
ミシェル・ルグランの哀愁あふれるメロディが聴ける 「What Are You Doing The Rest
Of Your Life?」 が収められていることです。
ちなみに 「Autumn Leaves」では おなじみのアレンジのあとテーマに入ってキメの音が
弾けず失敗しています。 これはエヴァンスにしては めずらしいチョンボです。

下はイタリア盤(Bandstand BDCD 1535)のジャケットです。 LPもあったようです。


Bill Evans Yesterday I Heard The Rain Bandstand BDCD 1535
よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する