Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Wardell Gray Memorial Volume Two

Wardell Gray Memorial Prestige PRLP 7009
★★★★☆
『Wardell Gray Memorial Volume Two』
Prestige PRLP 7009 → Victor PJ-3
(Side-1)1950年8月27日 Hula Hut Club, ロサンゼルスにてライブ録音
Clark Terry(tp) Sonny Criss(as) Wardell Gray(ts)
Dexter Gordon(ts/2)
Jimmy Bunn(p) Billy Hadnott(b) Chuck Thompson(ds)

(Side-2)1952年1月21日 録音
Art Farmer(tp/except 5) Wardell Gray(ts) Hampton Hawes(p)
Harper Cosby(b) Larry Marable(ds) Robert Collier(cga)


Side-1
1. Scrapple From The Apple
2. Move
Side-2
1. April Skies
2. Bright Boy
3. Jackie
4. Farmer's Market
5. Sweet And Lovely
6. Lover Man

プレスティッジの 10インチ盤(PRLP 128、147)二枚をカップリングした 12インチ盤。
おおむかし日本ビクターがプレスティッジの復刻を廉価で 1,100円でリリースしたときの
目玉が本作と 7008、ワーデル・グレイの二枚でした。
「Move」 におけるデックスとのテナーバトルを聴きたい一心でレコード店に飛びこみ、
その二枚を手に入れたものです。 1972年、昭和47年のこと、いまから 44年もむかしの
ことです。 いい時代でした。
A面の録音状態の酷さには目をつぶって、白熱のライブ演奏に しびれていました。
「Scrapple From The Apple」 でのソニー・クリスのプレイ、すばらしくカッコいい。

B面の 「Jackie」でワーデルとアート・ファーマーに音程の乱れが あきらかに出ています。
が、全体的には 1952年にしては音質もいいし、スタジオでのセッション録音ならではの
安定性が感じられて、おおむね良好というところでしょう。
だけど、当然のことながら A面との熱気の落差が あまりにも大きいので☆マイナスです。
つまり、ここでもボブ・ワインストックの儲け主義が安易なレコードを生み出したという
ことでしょう。

ワーデルは 1955年5月25日にラスベガス郊外で変死体(金銭トラブルで撲殺された?)
で発見されたことになっていますが、ヘロインの過剰摂取で亡くなったという説もあり
真相は不明です。 わかっていることは 34歳という若さで人生を終えたことです。

別セッション(1950年4月25日)の四曲(PRLP 115に収録)10テイクも収録しているので
あまり おすすめは できませんが・・・

Wardell Gray Memorial Volume Two

よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する