Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Sermon ! / Jimmy Smith Blue Note 4011

Jimmy Smith The Sermon Blue Note BLP 4011
★★★★
『The Sermon !』
Blue Note BLP 4011 → King GXK-8210
(2-1)1957年8月25日 録音
Lee Morgan(tp) George Coleman(as)
Eddie McFadden(g) Jimmy Smith(org) Donald Bailey(ds)

(1-1, 2-2)1958年2月25日 録音
Lee Morgan(tp) Lou Donaldson(as/1-1) Tina Brooks(ts/1-1)
Kenny Burrell(g) Jimmy Smith(org) Art Blakey(ds)


Side-1
1. The Sermon
Side-2
1. J.O.S.
2. Flamingo

1957年8月25日に録音した ほかの曲(4000シリーズを除く)
04. What Is This Thing Called Love
05. Cherokee
以上 LT-992(Confirmation)
06. Little Girl Blue
以上 LT-1092(On The Sunny Side)
07. 'S Wonderful
08. Blue Room
以上 BNJ-50101(Special Guests)

1958年2月25日に録音した ほかの曲(4000シリーズを除く)
09. No Way Out
10. Strike Up The Band
以上 未発表
11. Confirmation
以上 LT-992(Confirmation)

う~ん、このアルバムは、はっきりいってジミー・スミスを満喫するレコードではない、
と、これから聴く人に申しあげます。
わたしが好んで聴くのは、コールマンの4分にもおよぶソロがすばらしい 「J.O.S.」です。
そのあとのリー・モーガンのソロもモーガン節が満載で必聴です。 ふたりのソロのときに
スミスの雑音っぽいオルガンが入りますが、必要なし! マクファデン?のソロを もっと
聴きたいのに、スミスが割り込んでくる。 まぁしゃーないか。

「Flamingo」 では曲の半分以上を占める4分半ものモーガンの流麗なソロで始まるので、
これがスミスのアルバムであることを忘れてしまいます。 つづくケニー・バレルのソロも
すばらしくて聴きものです。 スミスはソロがなく、ちょっと不満かな。

タイトル曲はゴスペルをモチーフとした、文字どおり “説教” と題され、ピアニストの
ホレス・シルヴァーに捧げられています。
それぞれメンバーがジャム・セッションを くりひろげていくのですが、わたしは巷間の
高評価ほどには好きではありません。 ジャムだから、といっても あまりにもまとまりに
かけるからです。
ということでベストトラックは 「J.O.S.」 ですが、問題はブルーノート・ブックで藤井氏
が述べておられるように、ここでのギターはマクファデンではなくバレルではないか、と
おっしゃっていますが、まさに わたしも同感です。


The Sermon ! / Jimmy Smith
 The Sermon ! / Jimmy Smith

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:お久しぶり"
キラ星 様

ご訪問とコメントありがとうございます。

好きなもので、ネタは続いています。
キラ星さんも、活躍されている由、ご立派です。
2016.06.23 17:17 | URL | #- [edit]
キラ星 says... "お久しぶり"
http://kirahosi.blog56.fc2.com/

お元気ですかv-221 
♪よくネタが続きますね^^
素晴らしいです。

毎日趣味で生きています。

ONAKAN.S
2016.06.23 11:49 | URL | #aHupm85E [edit]
ktdchon says... "Re:"
キタサン様

コメントありがとうございます。

コールマンのアルト、いいですよね。
思わず吹きそうになりましたが、鮭のスペルは、Salmon ですよ。
2016.04.10 17:56 | URL | #- [edit]
キタサン says... ""
そうなんです、やはりジョージ・コールマンそしてリー・モーガンなんです!

コールマンはマイルスバンドのテナーの印象が大きいのですがこちらのアルバムやマックス・ローチでのバンドなどでアルトを吹いていますが かなり流暢なソロを吹きますよね。

それとタイトルのザ・サーモンは最初 鮭の事かと思っていました。更に新巻鮭を抱えるようなジャケットの写真で確証していましたから(笑)
2016.04.09 23:04 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する