Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Alone, Alone And Alone / Terumasa Hino

Terumasa Hino Alone,Alone And Alone takt JAZZ 13
★★★★★
『Alone, Alone And Alone』
takt JAZZ 13 → takt Jazz XMS 10023-CT
1967年11月16日、17日 テイチク会館スタジオにて録音
Terumasa Hino(tp)
Yuji Ohno(p) Kunimitsu Inaba(b) Motohiko Hino(ds)


Side-1
1. Soulful
2. Alone, Alone And Alone
Side-2
1. Summertime
2. Downswing
3. B-Lunch

日野皓正は 25歳になったばかり。 弟で天才の日野元彦は 21歳(惜しくも 53歳で早世)。
ピアノの大野雄二は 26歳。 かっこいいベースを弾く稲葉国光は 33歳。
タイトル曲 「Alone, Alone And Alone」 が三度目にして初めて国内で録音されたのが本作。
そして日本でのデビュー作。 1965年にベルリンで録音された 『SAKURA SAKURA』
Saba レーベルから出たもので 「Alone, Alone And Alone」 の二度目の録音を収録。
一度目はブルー・ミッチェルが 1965年7月に録音した 『Down With It !』 に収録。
いい曲ですねぇ。 何度聴いても飽きません。 本場アメリカのジャズメンが聴きほれるほど
ですから本物のバラードです。

オリジナル盤で A面の一曲目に配されている 「Soulful」 はアグレッシブで日本人らしく
ない曲調です。 本作 5曲中 4曲を自身が作曲し、白木秀雄氏から独立して意欲満々の
作品だったのです。 ただ、わたしが思うベストトラックはスタンダードの 「Summertime」。
アレンジがクールで都会的でスマートで かっこいい。 とにかく このころのヒノテル氏は
かっこよさが身上でした。 1970年に Canyon Records に移籍したころから あまり感心
できなくなりました。 やはり takt 時代がキラリ光っていて良かったのです。

下のジャケット写真は、タクト電機株式会社と日本コロムビアが業務提携し、1970年に
再発売したときのもの(takt Jazz XMS 10023-CT)です。 これはこれで いい雰囲気です。
タイトル曲が A面一曲目に配されました。

Terumasa Hino  Alone,alone and alone takt Jazz XMS 10023

Alone, Alone And Alone / Terumasa Hino
 Alone, Alone And Alone / Terumasa Hino

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する