Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

My Funny Valentine & “Four” & More / Miles Davis

Miles Davis My Funny Valentine Columbia CS 9106
★★★★★
『My Funny Valentine Miles Davis In Concert』
Columbia CS 9106

Side-1
1. My Funny Valentine
2. All Of You
Side-2
1. Stella By Starlight
2. All Blues
3. I Thought About You



Miles Davis For  Morw Columbia CS 9253
★★★★★
『“Four” & More Recorded Live In Concert』
Columbia CS 9253

Side-1
1. So What
2. Walkin'
3. Joshua / Go-Go(Theme And Announcement)
Side-2
1. Four
2. Seven Steps To Heaven
3. There Is No Greater Love / Go-Go(Theme And Announcement)

1964年2月12日 Philharmonic Hall, Lincoln Center, ニューヨークにてライブ録音
Miles Davis(tp) George Coleman(ts)
Herbie Hancock(p) Ron Carter(b) Tony Williams(ds)


当日演奏された曲順。 07 から2セット目です。
01. Autumn Leaves(Mosaic MQ10-226 に収録)
02. So What(CS 9253)
03. Stella By Starlight(CS 9106)
04. Walkin'(CS 9253)
05. All Of You(CS 9106)
06. Go-Go(Theme And Announcement)(CS 9253)
07. All Blues(CS 9106)
08. My Funny Valentine(CS 9106)
09. Joshua(CS 9253)
10. I Thought About You(CS 9106)
11. Four(CS 9253)
12. Seven Steps To Heaven(CS 9253)
13. There Is No Greater Love(CS 9253)
14. Go-Go(Theme And Announcement)(CS 9253)

「All Of You」 でのハンコックのソロを聴いてみてください。 途中おもしろいリズム感で
好き放題にプレイしています。 さらにすごいのはトニーがそのリズムに合わせて見事に
シンクロしているのです。 ハンコック23歳、トニーなんと18歳。 バンドリーダーのよう。
37歳のマイルスにすればトニーは息子。 ハンコックは ひとまわり以上も年の離れた弟。
そんな彼らが、とくにハンコックが力量を発揮した作品が、この二枚のアルバムなのです。

いや もうひとり力を発揮している人がいます。ジョージ・コールマン。 『Miles In Berlin』
から参加したウェイン・ショーターがもてはやされていて “黄金のクインテット”と言う
人もいる始末。 だけどわたしは断然コールマン派! なぜか 『Miles Davis In Person』
モブレーと同じように冷遇にちかい状態で、高く評価する評論とブログを みたことがほぼ
ありません。ラスト曲の 「I Thought About You」での沈み込むようで哀調的なソロなどは
すばらしいと思います。

「So What」、さすがマイルスは帝王です。 『Kind Of Blue』 の顔といえる名曲が急速調で
変身(『Miles Davis In Person』 でも演奏)。 まるで やけどしそうな熱演です。
ハンコックも負けじと飛ばして快演。
「Joshua」 のコールマン、いいのですが ちょっとトレーン風? わたしの思い過ごしかな?
ライブ演奏が少ない 「Seven Steps To Heaven」 でのコールマンのソロのあとの拍手が
多く みんなわかっていらっしゃる。

ベストトラックを挙げるとすれば 「My Funny Valentine」 と 「So What」 か。
あとフィルハーモニックホールの客になりきって愉しむのであれば上記の通しの曲順に
プログラムをセットして聴いてみる。 テオ・マセロのレコード創りの意図に反しますが。


My Funny Valentine Miles Davis In Concert(Blu-spec CD2)
 My Funny Valentine Miles Davis In Concert(Blu-spec CD2)

“Four” & More Recorded Live In Concert / Miles Davis(Blu-spec CD2)
“Four” & More Recorded Live In Concert / Miles Davis(Blu-spec CD2)

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する