Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Blue In Green -The Concert In Canada- / Bill Evans

Bill Evans Blue In Green
★★★★
『Blue In Green -The Concert In Canada-』
Milestone M 9185 → Milestone MCD-9185-2
1974年8月1日 CBC Radio at Camp Fortune, Hull, カナダにてライブ録音
Bill Evans(p) Eddie Gomez(b) Marty Morell(ds)

Side-1
1. One For Helen
2. The Two Lonely People
3. What Are You Doing The Rest Of Your Life
4. So What
Side-2
1. Very Early
2. If You Could See Me Now
3. 34 Skidoo
4. Blue In Green
5. T.T.T.(Twelve Tone Tune)

モントルー(1968年)で残した名演 「One For Helen」 が、ここではなぜか あわただしく、
落ち着かない演奏になっていて残念です。 多分にモレルの性急さが影響しているようです。
ルグラン作の 「What Are You Doing The Rest Of Your Life」 は哀感がすばらしい名曲。
エヴァンスも お気に入りで よく録音しています。
『Homewood』 と本作でしか聴けないめずらしいトリオの 「So What」 はテーマの処理が
上手ではないし、つづくソロも感心できません。 まとまりとしても よくないですね。

「Very Early」 はエヴァンス初期の名作とあって美しい響きで始まるのですが、途中で
ゴメスの うれしくないソロ。 いななくような音を出して興ざめです。
「34 Skidoo」 はエヴァンスの息もつかせないソロが見事です、がゴメスが またもや
いななきのソロ! やめてくれい!
ゴメスのソロがないタイトル曲 「Blue In Green」 がベストトラックか。 ラストの曲は
モレルが活躍する 「T.T.T.」。 5年6ヵ月も共演してきたモレルのラストセッションに
なった(翌8月2日の共演が ほんとうのラスト)作品でした。


Blue In Green –The Concert In Canada- / Bill Evans
 Blue In Green –The Concert In Canada- / Bill Evans

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する