Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Intuition / Bill Evans

Bill Evans Intuition
★★★★
『Intuition』
Fantasy F-9475
1974年11月7日~10日 録音
Bill Evans(p/except 1-3, 2-1, rhodes piano/1-2~4, 2-1, 2-3)
Eddie Gomez(b)


Side-1
1. Invitation
2. Blue Serge
3. Show-Type Tune
4. The Nature Of Things
Side-2
1. Are You All The Things
2. A Face Without A Name
3. Falling Grace
4. Hi Lili, Hi Lo(For Ellaine)

エヴァンスがフェンダー・ローズに執着する気持ちはわかるのですが、コロムビア移籍で
はりきって作った 『The Bill Evans Album』 で完成し、それ以外(たとえば 『From Left
To Right』 や 『Living Time』)では快演があるとは思えません。

この作品で ひとつ良いところはゴメスが がんばりすぎていないところです。 エヴァンス
を引き立てるためだけに抑えぎみのプレイに徹しているところに好感が持てます。
そして評論家の N氏は著書で 「Hi Lili, Hi Lo」 を絶賛されているのですが、わたしが
思うベストトラックはクラウス・オガーマン作曲の 「A Face Without A Name」 なのです。
やはりアコースティックだけで決めるのがエヴァンス。 うきうきとした左手のリズムが
すばらしい。 ゴメスも しっとりと寄り添うようにエヴァンスをサポートしていて好演。

フェンダー・ローズでは 「All The Things You Are」 のコードを使ってタイトルを もじった
「Are You All The Things」 が快速調で すてきな演奏になっています。


Intuition / Bill Evans
 Intuition / Bill Evans

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する