Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Charlie Parker On Dial

Dial SP Record Label
★★★★★
『Charlie Parker On Dial』
Dial 1002~1004, 1012~1015, 1019, 1021, 1022, 1024, 1032, 1034, 1040, 1043, 1055,
1056, 1058, 1059 → Spotlite → Toshiba-EMI CJ25-5043~6

(1~4)1946年3月28日 録音
Miles Davis(tp) Charlie Parker(as) Lucky Thompson(ts)
Arvin Garrison(g/except 1) Dodo Marmarosa(p)
Vic McMillan(b) Roy Porter(ds)

(5~8)1947年2月19日 録音
Earl Coleman(vo/except 7, 8) Charlie Parker(as)
Erroll Garner(p) George 'Red' Callender(b) Harold 'Doc' West(ds)

(9~12)1947年2月26日 録音
Howard McGhee(tp) Charlie Parker(as) Wardell Gray(ts)
Barney Kessel(g) Dodo Marmarosa(p)
George 'Red' Callender(b) Don Lamond(ds)

(13~18)1947年10月28日 録音
Miles Davis(tp) Charlie Parker(as)
Duke Jordan(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)

(19~21)1947年11月4日 録音
Miles Davis(tp) Charlie Parker(as)
Duke Jordan(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)

(21~27)1947年12月17日 録音
Miles Davis(tp) J.J. Johnson(tb) Charlie Parker(as)
Duke Jordan(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)


01. Moose The Mooche(D1010-2)
02. Yardbird Suite(D1011-4)
03. Ornithology(D1012-4)
04. A Night In Tunisia(D1013-5)
05. This Is Always(D1051-C)
06. Dark Shadows(D1052-C)
07. Bird's Nest(D1053-C)
08. Cool Blues(D1054-C)
09. Relaxin' At Camarillo(D1071-C)
10. Cheers(D1072-D)
11. Carvin' The Bird(D1073-B)
12. Stupendous(D1074-A)
13. Dexterity(D1101-B)
14. Bongo Bop(D1102-B)
15. Dewey Square(D1103-C)
16. The Hymn(D1104-A)
17. Bird Of Paradise(D1105-B)
18. Embraceable You(D1106-A)
19. Klact-Oveeseds-Tene(D1112-A)
20. Scrapple From The Apple(D1113-C)
21. Out Of Nowhere(D1115-A)
22. Drifting On A Reed(Air Conditioning)(D1151-E)
23. Quasimado(D1152-B)
24. Charlie's Wig(D1153-E)
25. Bongo Beep(Bird Feathers)(D1154-C)
26. Crazeology(D1155-D)
27. How Deep Is The Ocean(D1156-A)
( )内はマトリックス・ナンバーです。

今回はチャーリー・パーカーの、かの有名なダイアル・セッション全 81テイクのなかから
オリジナル・イッシューとなったマスターテイクを抜き出して、ご紹介します。
1946年3月28日から 1947年12月17日まで 6回のセッション(1946年2月5日に「Diggin’
Dis」 が録音されていますがマスターテイクではない)で構成されています。

わたしがジャズ界においてアドリブの王者として信奉しているプレイヤーが三人います。
クリフォード・ブラウンとアート・ペッパー、そしてバードことチャーリー・パーカー、
その人なのです。

ロサンゼルスに拠点を置いていた、バードよりも 11歳年上のジャズが好きでレコード店を
経営していたロス・ラッセルが、地元にツアーで やってきたバードにレコーディングの
交渉をしたのです。 セッションは全 7回。ロサンゼルス、ニューヨークで行われ、バード
の “オン・サヴォイ” と ともに彼の全盛期を記録したジャズ界の遺産と なったのです。

演奏の内容に関しては、評すること自体が無意味だと思います。
ただ天才の泉のごとく溢れ出るアドリブを こころゆくまで味わうのみです。
ロス・ラッセル本人もダイアルの本社をニューヨークに移してからのセッションが とくに
良く、1947年10月の 「Dexterity」 「The Hymn」 「Embraceable You」、同年11月の
「Klact-Oveeseds-Tene」、ダイアルで最後となった同年12月の 「Drifting On A Reed」
「Crazeology」。 未聴の方はこれらの作品をじっくり聴いてほしい。ビ・バップ・ジャズの
神髄を たっぷり愉しむ時間を持ってください。 バードって、やっぱり いいなぁ・・・

『Charlie Parker Plays Cole Porter』 のなかの「I Love Paris」がラストレコーディングに
なり、その 92日後の 1955年3月12日、ニューヨークにあるスタナップ(スタンホープ)・
ホテルに居住していたニカ男爵夫人(Baroness Pannonica "Nica" de Koenigswarter)の
部屋で血を吐き午後8時45分、夫人に見守られながら34年6ヵ月12日という短い人生を
終えました。 5分後に駆けつけた医師は検視官に報告する書類にパーカーの年齢を53歳と
書きこんだのです。 それほどパーカーは衰弱して老年に見えたのです。検視官が下した
死因は大葉性肺炎(ニカ夫人は否定しています)と出血性潰瘍でした。

1946年7月29日に録音された “ラヴァー・マン・セッション” の四曲も ご紹介しておきます。
パーカーが取引きしていた麻薬密売人が逮捕されたため、彼は禁断症状で衰弱していて
意識朦朧の状態で演奏。 最悪のレコーディングに なったのです。
「Max Making Wax」(D1021-A)
「Lover Man」(D1022-A)
「The Gypsy」(D1023-A)
「Bebop」(D1024-A)


Charlie Parker Story On Dial Vol.1
 Charlie Parker Story On Dial Vol.1

Charlie Parker Story On Dial Vol.2
 Charlie Parker Story On Dial Vol.2

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する