Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Blowin’ The Blues Away / Horace Silver Blue Note 4017

Horace Silver Blowin The Blues Away Blue Note BLP 4017
★★★★★
『Blowin’ The Blues Away』
Blue Note BLP 4017 → King GXK-8036

(1-1, 2-2)1959年8月29日 録音
(1-3, 1-4, 2-1)1959年8月30日 録音
(1-2, 2-3)1959年9月13日 録音
Blue Mitchell(tp/except 1-2, 2-3) Junior Cook(ts/except 1-2, 2-3)
Horace Silver(p) Gene Taylor(b) Louis Hayes(ds)


Side-1
1. Blowin' The Blues Away
2. The St. Vitus Dance
3. Break City
4. Peace
Side-2
1. Sister Sadie
2. The Baghdad Blues
3. Melancholy Mood -New Version-

1959年8月30日に録音された曲(ボーナストラックとして収録している CDもある)
8. How Did It Happen

ジャズファンなら この作品の存在を知らない人はいないでしょう。 あまりにも有名な
このジャケットを描いたのは女性アーティストで Paula Donohue(ポーラ・ドノヒュー)。
『Horace-Scope』 や、あの有名なエヴァンスの 『Intermodulation』 などを手がけています。

いやぁ ほんとうによく聴きました。 モノラルでジャケットの造りも がっしりとしていて、
ヴァン・ゲルダー・サウンドの すごさが満喫できるオリジナル盤を持っていたのですが
なにを血迷ったか、ヤフオクで売ってしまいました。 腰を抜かすほどの超低価格で です。

内容を云々する必要は まったくありません。 と言いながら書くのですが・・・
全 7曲すべてがシルヴァーの名曲で名演! 「How Did It Happen」 は、収録時間の都合で
割愛された曲だと思います。
冒頭タイトル曲のスピード感に、このアルバムただ者ではないぞ、という期待感が あふれ、
つづく 「Break City」の二菅の輝き、ルイス・ヘイズの張りがあってタイトなドラミング。
そのつぎにくるバラード 「Peace」 のしっとり感。 そしてお待ちかね、「Sister Sadie」 の
テーマで うきうきさせられ、ミッチェルのブリリアントサウンドの魅力に脱帽。

隠れベストトラックは 「The Baghdad Blues」 でしょう。 オリエンタルをイメージした多くの
曲のなかでは頭抜けているでしょう。 そしてあいだにはさんだ 「The St. Vitus Dance」 が
ピアノトリオの魅力を遺憾なく発揮しています。 ラストは やはりトリオの 「Melancholy
Mood」 でクールダウン。
モダンジャズの お手本のような本作。 現在オリジナル盤、モノ、ステレオにかかわらず
お持ちの方々に ひとこと謹言します。 “なにがあっても ぜったいに手放してはなりません”

レーベルに Ⓡマークが ついたのが このレコードからです。

Horace Silver Blowin The Blues Away Blue Note BLP 4017 Label

Blowin’ The Blues Away / Horace Silver
Blowin’ The Blues Away / Horace Silver

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "Re:了解しました"
キタサン様

コメントありがとうございます。

この作品、モノラルのミントに近いオリジナル盤を
なんとなんと!8,000円で売っちゃんたのですよ。

もう一枚、ブルー・ミッチェルのリヴァーサイド盤 『Blue Soul』 の
RLP1155、オリジナルステレオ盤を やはり8,000円で売ってしまいました。
この作品が最近ヤフオクで40,000万円超で取り引きされたのを見て
がっくりしました。

ことほどさように、オリジナルは手放さない。と教えてあげたいです。
2016.08.22 13:07 | URL | #- [edit]
キタサン says... "了解しました"
ktdchonさん こんにちは。

このジャケット 女性が描いたんですね~ 知りませんでした。

墨絵で描かれているようで秀逸です。

ブルーノートのオリジナルは中々手が届かないですが ホレスの作品比較的手に入りやすく このオリジナルも持っています。

了解しました。手放しません(笑)
2016.08.21 09:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する