Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Homecoming / Bill Evans

Bill Evans Homecoming
★★★★
『Homecoming』
Milestone MCD-9291-2
1979年11月6日 Southeastern Louisiana University, にてライブ録音
Bill Evans(p)
Marc Johnson(b/except 8, 13) Joe LaBarbera(ds/except 8, 9, 10, 13)


01. Re: Person I Knew
02. Midnight Mood
03. Laurie
04. Song From M*A*S*H(Suicide Is Painless)
05. Turn Out The Stars
06. Very Early
07. But Beautiful
08. I Love You, Porgy
09. Up With The Lark
10. Minha(All Mine)
11. I Do It For You
12. Someday My Prince Will Come
13. Interview With Bill Evans By Rod Starns

1946年にエヴァンスはサウスイースタン・ルイジアナ大学に入学し、音楽教育を専攻。
大学時代にピアノ・トリオを結成し、生涯の名曲 「Very Early」 も作曲していました。
卒業から29年後、母校に招かれて演奏を披露。 恩師や後輩たちを前にしてエヴァンスは
そうとう熱が入ったのでしょう、まさに力演というに ふさわしい内容です。
彼の新旧のレパートリーがソロ、デュオ、トリオという形を変化させて進んでいきます。
が、惜しいことにベース音のこもり。 うすっぺらいシンバルの音。
トロンボーン奏者で音楽研究家のロン・ネザーカット氏がプライベートに録音したのですが
もうすこし いい機材を使って ちゃんと録音していてくれたら・・・

ベストトラックはソロで演奏した鬼気迫る 「I Love You, Porgy」 です。 録音状態はビルの
ピアノ(ベーゼンドルファー)だけが良好なので、全曲をソロで演って ほしかったです。
1999年に発売されたとき、マスタリング・エンジニアのジョー・タランティーノ氏でも
さすがに この音質は改善できなかった、残念。


Homecoming / Bill Evans
Homecoming / Bill Evans

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する