Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Turn Out The Stars The Final Village Vanguard Recordings June 1980 / Bill Evans

Bill Evans Turn Out The Stars The Final Village Vanguard Recordings June 1980
★★★★☆
『Turn Out The Stars The Final Village Vanguard Recordings June 1980』
Warner Bros. 9362-45925-2
1980年6月4日~6日、8日 Village Vanguard, ニューヨークにてライブ録音
Bill Evans(p) Marc Johnson(b)
Joe LaBarbera(ds/except 1-9, 4-4, 6-7)


Disc 1
1. Bill's Hit Tune
2. Nardis
3. If You Could See Me Now
4. The Two Lonely People
5. Laurie
6. My Romance
7. Tiffany
8. Like Someone In Love
9. Letter To Evan
(1~3)1980年6月4日 (4~9)1980年6月5日 録音

Disc 2
1. Days Of Wine And Roses
2. Emily
3. My Foolish Heart
4. Nardis
5. Yet Ne'er Broken
6. Quiet Now
7. But Not For Me
8. Spring Is Here
9. Autumn Leaves
1980年6月5日 録音

Disc 3
1. Your Story
2. Re: Person I Knew
3. Polka Dots And Moonbeams
4. The Two Lonely People
5. Theme From MASH
6. Tiffany
7. Turn Out The Stars
8. Laurie
9. My Romance
10. Knit For Mary F
11. Midnight Mood
12. Time Remembered
1980年6月6日 録音

Disc 4
1. Days Of Wine And Roses
2. Up With The Lark
3. Nardis
4. Your Story
5. Yet Ne'er Broken
6. If You Could See Me Now
7. Bill's Hit Tune
8. Tiffany
9. In Your Own Sweet Way
1980年6月6日 録音

Disc 5
1. I Do It For Your Love
2. Five
3. Polka Dots And Moonbeams
4. Bill's Hit Tune
5. Turn Out The Stars
6. Days Of Wine And Roses
7. But Not For Me
8. Knit For Mary F
9. Like Someone In Love
10. Quiet Now
(1, 2)1980年6月6日 (3~10)1980年6月8日 録音

Disc 6
1. Emily
2. I Do It For Your Love
3. Nardis
4. Knit For Mary F
5. Like Someone In Love
6. Letter To Evan
7. Minha
8. A Sleepin' Bee
9. My Romance / Five
1980年6月8日 録音

初めてヴィレッジ・ヴァンガードで傑作を録音した、あの日から ほぼ19年後の、しかも
死に至る 1980年の同じ月、6月に本録音は二枚の LPにするべくして録られました。
実際には 5月27日(火)から6月8日(日)まで(月曜は休業?)の二週間の公演でした。
ピーター・ペッティンガー著 『ビル・エヴァンス-ジャズ・ピアニストの肖像』 を読むと
エヴァンス曰く “何といっても土曜の夜が最高だった。 録音していなかった その晩がね”
土曜日とは つまり 6月7日のことなのです。 残念。

下記にある 『The Artist’s Choice : Highlights From Turn Out The Stars』 は当初は
4日と 5日に演奏したものから二枚組 LPで出す予定だったのです。 だけどエヴァンスが
三ヵ月後に亡くなりプロデューサーのヘレン・キーン女史も亡くなった 1996年、録音から
16年も経った時点で一枚でリリースされました。 6日と 8日の録音からも選ばれている。
ここらへんが謎なのです。

閑話休題

けっきょくヴァンガードの四日間で 95曲を録音しました。 それらすべてをコンプリートで
出すことなく CD六枚組、58曲のボックス・セットで発売。 なぜこんな中途半端に・・・
だけどエヴァンスはヴァンガードでは燃えるのですね。 というか自分に残された限りある
時間で、己の魂を音で紡いで語ってゆく。 この完全燃焼は いつまで可能なのか。

Amazon や HMV では現在(2016年10月末)6枚組は廃盤のようで下記の 9曲収録の
『The Artist’s Choice : Highlights From Turn Out The Stars』(Warner Bros. 46425)
しか入手できません。 不思議なのは 「Nardis」 がフェードアウトに なっていること。
時間的 に じゅうぶん収まるのに。
しかし、さすがに うまく選曲されていて(エヴァンスが選んだことに疑問を唱える人あり)
フェードアウトがなければ星五つです。 六枚組を聴くことは めったになく、この感性の
高い9曲盤を心から愉しんでいるのです。
余談ですが 「My Foolish Heart」 のイントロはイメージが かなり違っていて新鮮です!

1. Bill's Hit Tune(1-1)
2. My Foolish Heart(2-3)
3. Turn Out The Stars(3-7)
4. Like Someone In Love(6-5)
5. The Two Lonely People(3-4)
6. Laurie(3-8)
7. Yet Ne'er Broken(4-5)
8. I Do It For Your Love(5-1)
9. Nardis -except-(2-4)


The Artist's Choice : Highlights From Turn Out The Stars / Bill Evans
The Artist's Choice : Highlights From Turn Out The Stars / Bill Evans

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する