Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Barney Wilen Quintet

Barney Wilen Quintet Guilde Du Jazz J-1239
★★★★★
『Barney Wilen Quintet』
Guilde Du Jazz J-1239 → Fresh Sound Records → Sam Records SR05 J.1239
1957年春 パリにて録音
Barney Wilen(ts) Hubert Fol(as)
Nico Buninck(p) Lloyd Thompson(b) Al Levitt(ds)


Side-1
1. Moving Out
2. Brainstorm
3. Lloyd's Brother's Tune
4. Crystal Ball
5. Spracklin
Side-2
1. Up In Alsace
2. Dink
3. Blue Hubert
4. The Office
5. Papiermento
6. Snakes

このデビューアルバムの録音時、バルネ・ウィランは弱冠二十歳。 にして傑作が誕生。
バルネもいいけれどヒューバート・フォルのアルトがアート・ペッパーに肉薄するほどの
できですばらしい。 バルネより一回りも年上で1995年に69歳で亡くなっています。
その翌年バルネは59歳という若さで亡くなっています。 才能あふれる人は夭折が多い。

この作品はジャズファンなら高値で取り引きされることは、もちろん ご存じでしょう。
六桁はくだらないなどといわれ、つい最近もヤフオクで それに近い金額で落札されました。
まぁ内容は たしかに “傑作” と表現したように、どの曲も名演には まちがいありません。
しかし10万円も出すほどのレコードなのでしょうか? 落札された方に心境を伺ってみたい。

11曲のなかで わたしが好きなのは 「Spracklin」 と 「Blue Hubert」 の二曲。 前者は
音楽の楽しさを見事に具現化し、後者はブルースの神髄が詰まった名曲にして名演。
二曲ともベストトラックです。


Barney Wilen Quintet
 Barney Wilen Quintet

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する