Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Misty / 山本 剛

Tsuyoshi Yamamoto Misty three blind mice TBM-30
★★★★
『Misty』
three blind mice TBM-30
1974年8月7日 録音
Tsuyoshi Yamamoto(p)
Isoo Fukui(b/except 2-4) Tetsujiro Obara(ds/except 2-4)


Side-1
1. Misty
2. Blues
3. Yesterdays
Side-2
1. Honey Suckle Rose
2. Smoke Gets In Your Eyes
3. I Didn't Know What Time It Was
4. Angel Eyes

1974年度 SJジャズ・ディスク大賞最優秀録音賞を受賞した、まさに高音質の作品です。
わたしがジャズを聴き始めて数年経った1970年代は、すべてこのような演奏スタイルと
録音技術だったことを、この作品を聴きなおして あらためて思い出しました。
それが顕著に現れているのが 「I Didn't Know What Time It Was」 です。 元気が良い!

この作品、初版のプレス(TBM-30)は とにかく人気があってヤフオクで そこそこの価格で
取り引きされています。 数万円で出品している人もいるほど。TBM-2530や15PJ-1026は
音質が劣るのでしょうか?

録音当時、山本氏は弱冠25歳。 「Smoke Gets In Your Eyes」 を聴くと、当時流行した
ジャズ・ピアニストの典型的なスタイルに満ち溢れていることが わかります。
そして なぜかソロの途中に 「Santa Claus Is Coming to Town」 をはさんでいます。
真夏のレコーディングなのに変ですね。

唯一のオリジナル曲 「Blues」 を入れているのですがアルバムの構成上違和感があります。
曲風として悪くはないのですが、スタンダードで まとめてほしかった。
結論として、わたしには あまり心に浸みこまず、時代性が顕著な作品となったのです。
ソロで演奏した 「Angel Eyes」 は すてきなのですが・・・



よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する