Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Recorded Live At Jimmy's / Michel Legrand

Michel Legrand Recorded Live At Jimmys RCA Victor BGL1-0850
★★★★
『Recorded Live At Jimmy's』
RCA Victor BGL1-0850
1973年12月8日 Jimmy's, ニューヨークにてライブ録音
Phil Woods(as/except 2-1, 2-3, 2-4, cl/2-2) George Davis(g)
Michel Legrand(p, arr, cond, el-p/1-3, 2-2, org/2-3, vo/1-2, 2-2)
Ron Carter(b) Grady Tate(ds)


Side-1
1. Watch What Happens
2. Blue, Green, Grey And Gone
3. You Must Believe In Spring
Side-2
1. Brian's Song
2. Orson's Theme
3. Organ Eyes
4. I Will Wait For You

「Brian's Song」 は、わたしたち団塊の世代にとっては なつかしい映画の主題曲。
「Orson's Theme」 は、オーソン・ウェルズが監督した映画 『フェイク』 の主題曲。
「Watch What Happens」 と 「I Will Wait For You」 は映画 『シェルブールの雨傘』 の
曲で、後者は主題歌なので記憶にある方も多いのではないでしょうか。

ミシェル・ルグランの流麗なピアノもいいですが、「You Must Believe In Spring」 での
フィル・ウッズが すばらしい。 ライブ特有の荒っぽさには賛否が あるところでしょうが
さすがベテランならではの渋い味が出ています。
そしてまったく知らなかったギターのジョージ・デイヴィス、随所で なかなかいいプレイを
披露しています。 彼って ほかにどんなレコードがあるのでしょう。

全曲を自作で通したルグラン、おなじみの曲 「I Will Wait For You」 は曲が進むにつれ
どんどん盛り上がっていき、エンディングは唐突に終わって、メンバー大笑い。

ウッズは2015年9月29日に肺気腫の合併症で83歳で亡くなりましたが、ルグランは
現在(2017年2月25日)84歳でご健在。 まだまだ活躍を期待したいものです。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する