Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Impulse! の佳作ジャケット

Impulse! LabelImpulse! ABC Label

1960年にクリード・テイラーが設立したABCパラマウント・レコードの子会社レーベル。
翌年テイラーがヴァーヴに移籍したので、ボブ・シールが代わってプロデューサーに就任。
トレーンの作品が多かったので、彼が亡くなった1967年からは急に衰退してしまいました。
1979年には MCAレコードに売却をします。 今回は初期の100番までの作品から選んだ
10選を ごらんいただきますが、当然のようにトレーンに偏ってしまいました。


Oliver Nelson The Blues And The Abstract Truth Impulse! A-5
『The Blues And The Abstract Truth / Oliver Nelson』 A-5
オリヴァー・ネルソンが1961年に作曲・アレンジを担当してリリースした、超意欲作。
自身を含むフロント四管、ビル・エヴァンスの参加が本作の肝だと思います。
掲載のジャケットはモノラル盤で通称カーテン、ステレオ盤はオリヴァーの横顔になって
いっきにアート性が なくなってしまいました。


John Coltrane Coltrane Impulse! A-21
『Coltrane / John Coltrane』 A-21
『Ballads』 の7ヵ月後に録音されたにもかかわらず、フリーに陥っていくのだなぁ、と
思わせるトレーンの晩年の傾向が窺えます。 しかしPete Turnerが撮ったジャケット写真は
とても美しく、飾りたくなります。 レギュラー・カルテットの代表作ではあるのでしょう。



John Coltrane Ballads Impulse! A-32
『Ballads / John Coltrane』 A-32
この作品はとても人気がある有名な一枚ですね。オープニングの 「Sai It」 はテレビなどの
CM によく使われています。 フランク・レッサーとジミー・マクヒューが創ったバラードの
傑作で、トレーン以上の名演を知りません。
信頼して参考にしている JAZZDISCO.org がベースをレジー・ワークマンと記す、
大きなミスを犯しています。
トレーンのカルテット作品で、わたしがいちばん好きな(ソプラノを吹かない)作品です。



Freddie Hubbard The Body The Soul Impulse! A-38
『The Body & The Soul / Freddie Hubbard』 A-38
ミュージシャンは なぜかこういったアレンジもののオーケストレーションをやりたがる。
わたしは この手の作品が苦手です。 彼がリーダーではありませんが、翌年に録音された

『Empyrean Isles』 や6年後の 『A Soul Experiment』 のほうが純粋に楽しめる作品です。
ジャケット写真、フレディの顔が ちょっとアップすぎませんか?



McCoy Tyner Nights Of Ballads Blues Impulse! A-39
『Nights Of Ballads & Blues / McCoy Tyner』 A-39
リーダー作の三作目。 聴きやすくて一生つきあえる名盤です。 にしては貧相なジャケット。
レコーディングの合間なのかラフなシャツ姿で さえない表情。 本作はジャケ買いしない、
しかし中身は充実した必聴の一枚なのです。 未聴の方は ぜひどうぞ。



John Coltrane And Johnny Hartman A-40
『John Coltrane And Johnny Hartman』 A-40
Joe Alperというカメラマンが二人の絶妙の瞬間(楽譜を見ている?)を捉えています。
言い古された表現ですが “光と影” のアートです。 若干コントラストが強いですが・・・
わたしは男性ボーカルが苦手で、ジョニー・ハートマンも その一人。 なので本作は未聴!



Freda Payne After The Lights Go Down Low And Much More !!! Impulse! A-53
『After The Lights Go Down Low And Much More !!! / Freda Payne』 A-53
フリーダ・ペインが弱冠二十歳のときに吹き込んだデビュー作品。 このジャケット写真も
Joe Alperが撮っています。 すごく自然で、素直な彼女の人柄が伝わってくる写真です。
映画にも何本か出演され、74歳の現在も活躍されているようです。



Yusef Lateef Live At Peps Impulse! A-69
『Live At Pep's / Yusef Lateef』 A-69
マルチプレイヤーのユセフ(ユーセフ)・ラティーフの1964年のライブ作品。
う~ん、聴くのがしんどいです。 でもジャケット写真は きれいです。
彼はテナー、フルートのほかオーボエなど六種類の楽器を操っています。



John Coltrane A Love Supreme Impulse! A-77
『A Love Supreme / John Coltrane』 A-77
“了承~解決~追求~詩篇” と、わたしのような凡人には及びもつかない 『至上の愛』。
本作のアナログ盤を買ってから、いったい何回ターンテーブルに載せただろう。
モダンジャズ史上最高傑作といわれる作品ですが、わたしには その価値がわかりません。
本作の録音から11ヵ月後の
『Meditations』 を最後にマッコイ・タイナーはトレーンと
袂を分かつのです。



John Coltrane Ascension Impulse! A-95
『Ascension / John Coltrane』 A-95
トレーンが死の ほぼ二年前に録音したフリー・ジャズ。“上昇” と名付けられた本作は
はじめ
エディションⅠ が収録されていましたが、トレーンの希望でエディションⅡ
差し替えられました。 現在のCDは両エディションが収録されています。
わたしは未聴ですが、一生聴くことはないと思います。


よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する