Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Profile / Duke Pearson Blue Note 4022

Duke Pearson Profile
★★★★★
『Profile』
Blue Note BLP 4022 → King GXK-8212
1959年10月25日 録音
Duke Pearson(p) Gene Taylor(b) Lex Humphries(ds)

Side-1
1. Like Someone In Love
2. Black Coffee
3. Taboo
4. I'm Glad There Is You
Side-2
1. Gate City Blues
2. Two Mile Run
3. Witchcraft

デューク・ピアソンのレコードデビューは遅く、本作レコーディングの三週間まえに
録音が行われたドナルド・バードの 『Fuego』 が初作品になります。 バードが
彼を見つけライオンを説得してセッションに起用。 その演奏を聴いたライオンは
彼を気に入り間髪を おかずピアソンのリーダー作である このアルバムを製作。
その期待に応えるかのように、いや それ以上に魅力あふれる作品が誕生したのです。
オープニングの 「Like Someone In Love」 からして、ほんとうにリリカルな演奏。
一転して二曲目のムーディな 「Black Coffee」。 このブルースは たまりません。
こどものころよく聴き、タイトルにある秘密っぽさを感じていた懐かしい 「Taboo」。
ラテンとジャズの融合をピアソンは みごとに表現しています。

二曲のオリジナル 「Gate City Blues」 「Two Mile Run」 は のちのち彼が活躍する
コンポーザーとしての能力が垣間見える秀作です。 ベースのジーン・テイラー、
ドラムスのレックス・ハンフリーズも いいサポートでピアソンを盛りたてています。
しかし本作のベストトラックは 「Witchcraft」 だと思います。 おとなしすぎる?
いやいや このアルバムの底に流れるイメージは “癒し” なのです。 それをこの
演奏で リスナーの われわれに教えてくれているのです。
このアルバムは身近に置いておきたい、一生つきあえる すばらしい作品です。
遅咲きの26歳のピアソン、初リーダー作にして名盤、代表作。 1980年に47歳という
若さで亡くなったことが惜しまれます。

※以上は 2012年6月21日の記述です。


Profile & Tender Feelin’s / Duke Pearson
 Profile & Tender Feelin’s / Duke Pearson

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する