Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Introducing Kenny Burrell Blue Note1523

Kenny Burrell Introducing Blue Note BLP 1523
★★★★★
『Introducing Kenny Burrell』
Blue Note BLP 1523 → King GXK-8011M
(1-2, 1-3, 2-1)1956年5月29日 録音
(1-1, 1-4, 2-2, 2-3)1956年5月30日 録音
Kenny Burrell(g/except 2-2) Tommy Flanagan(p/except 2-2, 9)
Paul Chambers(b/except 2-2, 9) Kenny Clarke(ds, 9)
Candido Camero(cga/except 1-4, 9)


Side-1
1. This Time The Dream's On Me
2. Fugue 'N Blues
3. Takeela
4. Weaver Of Dreams
Side-2
1. Delilah
2. Rhythmorama
3. Blues For Skeeter

29日に演奏された曲(1543に収録)
8. Get Happy
30日に演奏された曲(1543に収録)
9. But Not For Me(Burrell solo)

本作はバレル24歳にしての初リーダー作品。 ただし録音は1543番の中の三曲のほうが
二ヵ月半、先に行われています。
冒頭 「This Time The Dream's On Me」 でのケニー・クラークとキャンディドのフォー・
バースが聴きものです。 クラークが唸っていることが力が入っている証拠です。
主役のバレルのタイトでハードなプレイは みごとというほかありません。 後年のソフトな
イメージとは まったくちがうハード・バッパーなバレルの魅力が堪能できます。
そしてフラナガンは相変わらずサイドに回ったときに本領を発揮するピアノの達人です。

そうは言いながらベストトラックはというとキャンディド不参加で、ヴィクター・ヤングが
作曲したバラード 「Weaver Of Dreams」 を挙げます。 バレルもそうだけどフラナガンの
ピアノの味わいが とってもすばらしいのです。 名曲名演だと思います。
フランシスの みごとなスナップ写真とリード・マイルスの絶妙のトリミングで、おもわず
壁に飾ってみたくなるアートなジャケットにも見惚れてしまいます。

このような傑作が(2017年3月25日現在)廃盤になっていることが信じられません。


よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する