Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Another Time The Hilversum Concert / Bill Evans

Bill Evans  Another Time The Hilversum Concert Resonance Records HLP-9031
★★★★☆
『Another Time The Hilversum Concert』
Resonance Records HLP-9031(LP)
1968年6月22日 Vara Studio 8 in Hilversum, オランダにてライブ録音
Bill Evans(p) Eddie Gomez(b) Jack DeJohntte(ds)


Side-1
1. You're Gonna Hear From Me
2. Very Early
3. Who Can I Turn To ?
4. Alfie
5. Embraceable You
Side-2
1. Emily
2. Nardis
3. Turn Out The Stars
4. Five

あの傑作 『At the Montreux Jazz Festival』 から一週間後にオランダの放送局スタジオで
ライブ録音された、数少ないディジョネットとの貴重な共演盤が やっと陽の目を見ました。
モントルーとは二曲がダブるだけの うれしい選曲。
CDは9月発売なので待ち切れずに6,000枚限定(ファーストプレス)というアナログ盤を
買ってしまい(?)ました。 180gということで、すごく しっかりした盤になっています。
スタジオライブということですが、拍手の音は小さなホールでの音のようにも聞こえます。
基本的に音質は高いレベルですが、ディジョネットの音圧、とくにシンバルの音圧が若干
低めになっているように感じます。 なので☆減点です。 録音自体が おとなしいというか
優しいというかライブ独特の “荒れ” が まったく感じられないのです。
ぜいたくな悩みかもしれません。

「Embraceable You」 などを聴くと冒頭のゴメスのテーマの部分、すごく張りがあって
強烈だし、つづくエヴァンスのピアノもリアルに飛び出してきます。 少しだけ残念なのは
やはりディジョネットのブラシ音が小さいこと。
ただ B面に移って 「Nardis」 ではディジョネットのソロが たっぷり聴けるのがうれしい。
曲全体としては晩年の激しさは皆無で、とっても聴きやすく愉しめます。
このあとにくる 「Turn Out The Stars」 は三人のバランスもよく、ベストトラックです。

今回の貴重な発掘作品、探し出してリリースしてくれたプロデューサーの Zev Feldman氏、
レコーディング・エンジニアの André Louwerse氏、マスタリングの Bernie Grundman氏。
とにかく彼らの功績に感謝して、本作に針を落としましょう。
ちなみに わたしが入手した盤のジャケット裏には5,500番台の数字が手書きされています。


Another Time The Hilversum Concert(180g LP) / Bill Evans
世界6,000枚限定




よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する