Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Norman Granz' J.A.T.P. In Tokyo Live At The Nichigeki Theater 1953

J.A.T.P. In Tokyo Live At The Nichigeki Theater 1953
★★★★★
『Norman Granz' J.A.T.P. In Tokyo Live At The Nichigeki Theater 1953』
Verve → Polydor 2367 096~8 → Polydor MV-9061~3 → Victor VICJ-40110~11
1953年11月4日、7日、8日 日本劇場、東京にてライブ録音
(Side-1, Side-2)
Roy Eldridge, Charlie Shavers(tp) Bill Harris(tb)
Willie Smith, Benny Carter(as)
Ben Webster, Flip Phillips(ts) Herb Ellis(g)
Oscar Peterson(p) Ray Brown(b) J.C. Heard(ds)

(Side-3)
Oscar Peterson(p) Herb Ellis(g) Ray Brown(b)
(Side-4)
Benny Carter(as) Oscar Peterson(p) GeneKrupa(ds)
(Side-5, Side-6/1~3)
Ella Fitzgerald(vo) Raymond Tunia(p) Herb Ellis(g)
Ray Brown(b) J.C. Heard(ds)

(Side-6/4)
Ella Fitzgerald(vo)
Roy Eldridge, Charlie Shavers(tp) Bill Harris(tb)
Willie Smith, Benny Carter(as)
Ben Webster, Flip Phillips(ts) Herb Ellis(g)
Oscar Peterson(p) Ray Brown(b) J.C. Heard(ds)


Side-1
-Introduction by Norman Granz-
1 Jam Session Blues(→Tokyo Blues)
2 J.C. Heard Drum Solo(→Up)
Side-2
1 Cottontail
2 Ballad Medley
 The Nearness Of You-Someone To Watch Over Me-Flamingo
 -I Surrender Dear-Sweet And Lovely-Stardust-Embraceable You
Side-3
1 That Old Black Magic
2 Tenderly
3 Blues For Trio(→Sushi Blues)
4 Alone Together
5 Swingin' Till The Girls Come Home
Side-4
1 Indiana
2 Cocktails For Two
3 Don't Be That Way
4 Stompin' At The Savoy
Side-5
1 On The Sunny Side Of The Street
2 Body And Soul
3 Why Don't You Do Right
4 Oh, Lady Be Good
5 I Got It Bad And That Ain't Good
6 How High The Moon
Side-6
1 My Funny Valentine
2 Smooth Sailin'
3 Frim Fram Sauce
4 Perdido

1953年11月って、わたしは なにをしていただろう? もうすぐ4歳になるころなので
記憶はほとんどないといえます。 そしてわたしより一回り年上の歌手の美空ひばりさんや
江利チエミさん、雪村いずみさんらジャンケン娘の三人が このライブを聴いていたという
はなしがあります。 ひばりさんは11歳で、チエミさんと いずみさんは15歳で歌手デビュー。
三人ともジャズに目覚めていたので、このコンサートに出演しているエラを聴くために
16歳の彼女らは、まいにち(たぶん)通ったのでした。
残念ながら、ひばりさん(52歳没)とチエミさん(45歳没)は若くして亡くなられました。

さて、本作はジャズ・プロデューサーにしてノーグラン、ヴァーヴを設立したノーマン・
グランツの企画で はじまった Jazz At The Philharmonic(J.A.T.P.)が昭和28年に東京は
有楽町にあった日劇で行ったライブ公演から編集された初出3枚組の LPなのです。
日本では ようやくジャズが浸透しはじめてきた時期、この新しい音楽に目覚めた若者には
未知の魅力を秘めたすばらしい世界。 そこへ本場のミュージシャンが大挙してやってくる。
11月3日から10日まで日劇で6日間、大阪梅田劇場で2日間、連日連夜 公演をする。
これはもう聴くしかないでしょう!

肝心の演奏はというとメンバー全員がエキサイトの塊(かたまり)。 火を噴きそうな熱演。
息つく暇がない、とは こんな演奏をいうのでしょう。 聴き終えると心地よい運動をした
あとのような爽快感に包まれます。
録音は TBSが行ったので、モノーラルながら すばらしい音質で申しぶんありません。
60数年もまえの音とは とても思えないクリアでホール感にあふれた演奏が楽しめます。


よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する