Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Nirvana / Herbie Mann & Bill Evans

Herbie Mann Bill Evans Nirvana Atlantic 1426
★★★★
『Nirvana』
Atlantic 1426 (monaural)
(1-1, 1-3, 2-1, 2-2)1961年12月8日 録音
(1-2, 2-3)1962年5月4日 録音
Herbie Mann(ft) Bill Evans(p) Chuck Israels(b) Paul Motian(ds)

Side-1
1. Nirvana
2. Gymnopedie
3. I Love You
Side-2
1. Willow Weep For Me
2. Lover Man
3. Cashmere

ビル・エヴァンスとしては盟友スコット・ラファロを失って5ヵ月と2日後に本作のうち4曲を
新しいベーシスト、チャック・イスラエルスを迎えて録音されました。
主役の相棒はハービー・マン。 なぜこのような共演を行ったのか? マンが望んだのか、
プロデューサーが企画したのか。

ぜんたいにはスローテンポな曲ばかり。 「Cashmere」 だけが ちょっとアップテンポです。
この曲、マンは自作にもかかわらず、アドリブをまるでフルートの初心者のように手探り
状態で進めていきます。 つづくチャックのベースも おっかなびっくり風。
まぁなんとも不思議な雰囲気を持った曲なのです。 しかし一聴の価値はあって、別の意味
でベストトラックです。 聴くのならモノラル盤、というのが もっぱらの評価です。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する