Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Time Is Right / Lou Donaldson Blue Note 4025

Lou Donaldson The Time Is Right Blue Note BLP 4025
★★★★
『The Time Is Right』
Blue Note BLP 4025 → Toshiba-EMI BNJ-71031
(1-1, 1-2, 1-4, Side-2)1959年10月31日 録音
Blue Mitchell(tp/except 1-2) Lou Donaldson(as)
Horace Parlan(p) Laymon Jackson(b) Dave Bailey(ds)
Ray Barretto(cga)

(1-3)1959年11月28日 録音
Blue Mitchell(tp) Lou Donaldson(as)
Horace Parlan(p) Sam Jones(b) Al Harewood(ds)
Ray Barretto(cga)<


Side-1
1. Lou's Blues
2. Be My Love
3. Idaho
4. The Nearness Of You
Side-2
1. Mack The Knife
2. Crosstown Shuffle
3. Tangerine

いつものことながらホレス・パーランが お気に入りではないので、それに加えて全曲!に
コンガが入っているので、星一つ減(ホンネは一つ半減)です。
リーダー(ちょっと歌い過ぎかも)とブルー・ミッチェルは申し分ないのですが・・・

この盤においてもパーランの演奏を “アーシー” だと書かれている評論家やブロガーが
けっこう いらっしゃるのですが、アイデアの才能に欠けるが故に繰り返されるフレーズが
ほんとうに耳につくのですね。 本作は まだましなほうですが。

なので残念ながら おすすめのベストトラックはありません。
それとは別に一部のデータで 「Idaho」 にコンガのレイ・バレットが参加していないような
記述もありますが、ちゃんとソロも とっています。


8 CLASSIC ALBUMS / Lou Donaldson
8 CLASSIC ALBUMS / Lou Donaldson

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する