Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Fuego / Donald Byrd Blue Note 4026

Donald Byrd Fuego Blue Note BLP 4026
★★★★★
『Fuego』
Blue Note BST 4026 → King GXK-8037
1959年10月4日 録音
Donald Byrd(tp) Jackie McLean(as)
Duke Pearson(p) Doug Watkins(b) Lex Humphries(ds)


Side-1
1. Fuego
2. Bup A Loup
3. Funky Mama
Side-2
1. Low Life
2. Lament
3. Amen

B面を何回聴いたことだろう。 ゴスペルタッチ、全曲バードの作曲ですが、まるで
むかしから存在しているかのような 3曲。 オリジナルという次元を超えています。
モダンジャズらしくないから聴かないとか、そんな理屈を ぶち破って聴かなければ
いけない必聴盤の一枚です。

マクリーンもピアソンもいい。 ハンフリーズのタムタムの叩き方に しびれるのです。
今回また じっくり聴いてみたところ、A面の良さも確かめられました。
「Funky Mama」 は すごく切ないブルース。 で、ベストトラックといえる曲が、
「Bup A Loup」 であることを発見。 ルーという人名だけど、意味不明のタイトル。
でも もういちど しっかり聴きましょう。 きっと好きになるでしょう。

※以上 2013年10月1日の記述でした。


Fuego / Donald Byrd
 Fuego / Donald Byrd

よろしければクリックを
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する